膣縮小手術なら名古屋【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

膣縮小

膣縮小 とは

膣縮小術とは?

産道である膣は、出産により弛緩することが一般的です。また、加齢によって緩みが生じるのも自然なことです。人によってはその緩みを過度に感じたり、膣径を現在より小さくしたいと望まれる方がいらっしゃいます。そのような場合に、膣縮小術(ちつしゅくしょうじゅつ)が行われます。これは、女性の膣の緩みや弛緩を改善するための婦人科形成手術の一つです。膣の入り口付近の粘膜を切開し、筋層を縫合することで膣径を狭くします。膣径は希望に沿って決めることができ、粘膜を切開するため、傷跡がパートナーにわかりにくいという利点もあります。

膣縮小術は、以下のような目的で行われます。

膣の引き締め:膣の壁を引き締めることで、性生活の質を向上させることが目的です。
筋肉の強化:膣周辺の筋肉を強化し、コントロールを改善することができます。これにより、尿漏れを防ぐ効果があります。また、性交時の感覚が増し、パートナーとの満足度が向上することが期待されます。
外見の改善:膣口の広がりは外陰部の見た目に影響するため、外陰部の印象を改善するために行われることもあります。

膣の緩みによる諸症状

性生活の質の低下:
性交時の感覚が鈍くなることにより、満足度が低下します。
パートナーも同様に性交時の感覚の低下を感じることがあります。

尿漏れ(尿失禁):
膣周辺の筋肉が弱くなることで、くしゃみや咳、運動時に尿が漏れることがあります(腹圧性尿失禁)。

膣の乾燥:
膣の弾力性が低下すると、膣の潤いも減少しやすくなり、性交時に痛みや不快感を感じることがあります。

入浴時に膣にお湯が入る:
膣が緩むことにより、膣口が拡大し、膣口を閉じる力も低下するため、膣に水やお湯が入りやすくなります。

自信の低下:
自分の体に対する自信が低下し、心理的な影響を受けることがあります。これは性生活やパートナーとの関係にも影響を及ぼすことがあります。

脱腸や子宮脱:
膣の緩みが進行すると、腸や子宮が下がってくることがあります(膣脱、子宮脱)。

膣縮小 が適している方

  • 出産後の膣の弛緩を感じる方
  • 加齢による膣の緩みを感じる方
  • 性生活の質を向上させたいと考えている方
  • 尿漏れなどの症状に悩んでいる方
  • 膣の外観(膣口)に不満を感じている方
  • 膣のコントロールを改善したい方
  • 湯船に浸かるとお湯が膣の中に入る方

膣縮小 の術式

デザイン

患者様とのカウンセリング内容を踏まえ、ご要望に沿った内容で切開デザインを行います。

局所麻酔

切開・剥離範囲に局所麻酔を行います。ご希望により笑気麻酔や静脈麻酔を行うこともできます(別途料金)。

局所麻酔

膣縮小術

メス、剪刀を使用して膣粘膜の切開、剥離を行います。その後、筋層を縫合し、膣径を縮めていきます。

粘膜縫合

切開した粘膜を縫合していきます。粘膜は切除せずにヒダ状に形成することで、実質的な膣径をより狭くする効果と、性感を高める効果があります。吸収性の糸で縫合しているため抜糸は不要です。

膣縮小 の施術の流れ

診察・カウンセリング

経験豊富な医師が患者様の症状やお悩みをお聞きし、最適な治療方法をご提案いたします。何が気になっているのか、どのようになりたいのか、等のご希望をおきかせください。

診察・カウンセリング

ご契約・施術日のご予約

医師の説明にご納得いただき手術をご希望となった場合、手術日時をご予約いただきます。(診察を行っていない段階での手術のご予約はお取りできません。)
また、術前血液検査も行っていただきます。

受付_契約【エースクリニック】名古屋院

膣縮小手術

事前のカウンセリング内容を踏まえ、ご希望に沿った形で手術を行います。

ご帰宅

しばらく安静にしていただき、出血がないことを確認してからご帰宅となります。
手術後数日は多少の出血がありますので、ナプキンかガーゼ等を患部に当てて過ごしてください。

ご帰宅

アフターフォロー

手術後は適宜診察を行っております(1ヶ月後)。
縫合糸は自然に溶けて脱落するので抜糸は必要ありませんが、御希望があれば1週間後以降で抜糸することもできます(有料)。

診察・カウンセリング

術後経過と日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

ダウンタイムダウンタイム

露出部位ではないため、人前に出られない期間はありません。

シャワー・入浴・サウナシャワー・入浴・サウナ

シャワーは翌日から、湯船につかる入浴は2週間後から可能です。患部は翌日以降毎日洗浄してください。

飲酒飲酒

手術当日の飲酒は控えてください。

運動運動

1週間後より可能です。

その他

性行為は1ヶ月控えてください。

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

約1時間半です。

麻酔 point.2 | 麻酔

局所麻酔で行います。希望により、笑気麻酔や静脈麻酔を併用することができます(別料金)。

痛み point.3 | 痛み

局所麻酔時に注射の痛みがあります。

施術後の診察 point.4 | 施術後の診察

特に問題なければ必要ありません。
自然に溶ける糸を使用しますので、抜糸は不要です。

メリット point.5 | メリット

傷がほとんど目立ちません。

注意点 point.6 | 注意点

粘膜は吸収糸で縫合しているため、抜糸は不要です。
性行為は術後1ヶ月控えてください。

リスク・副作用

出血・血腫 処置をした部分から出血したり、粘膜下に血が溜まったりすることがあります。
感染・化膿 細菌による炎症や、稀に化膿することがあります。
感覚の変化 術後に感覚の変化が生じる可能性があります。これは一時的なものである場合もあれば、永続的な場合もあります。
痛みや不快感 手術後に痛みや不快感が残ることがあります。通常、時間とともに改善しますが、長期間残る可能性があります。
瘢痕(はんこん)形成 手術後の傷が治癒する過程で瘢痕(傷跡)が形成されることがあります。
性交痛 手術後の膣の引き締まりにより、性交時に痛みを感じることがあります。ほとんどは、時間とともに改善することが多いです。

施術を受けられない方

下記のような方は施術を受けられませんのでご注意ください。

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 将来の妊娠・出産を考えている方
  • 膣に炎症のある方
  • 性器ヘルペスに罹患中の方

膣縮小 のよくある質問

膣縮小術は、出産や加齢による膣の緩みを改善するための婦人科形成手術です。膣の引き締め、筋肉の強化、外陰部の見た目の改善を目的としています。

手術は膣の入り口付近の粘膜を切開し、筋層を縫合して膣径を狭くする方法で行われます。手術時間は通常1~2時間程度で、局所麻酔または全身麻酔の下で行われます。

膣縮小術は、出産や加齢による膣の緩みを感じている人、性生活の質を向上させたい人、尿漏れに悩んでいる人、膣の外観に不満を感じている人に適しています。

膣は産道であるため、将来に妊娠・出産を考えている方に行うことはできません。また、膣炎を患っている方や、性器ヘルペスに罹患中の方も手術を受けることができません。

感染症、出血、瘢痕形成、痛みや不快感、感覚の変化、性交痛、瘢痕組織の肥厚、麻酔のリスク、治癒の遅れ、結果に対する不満などがあります。

衣服に隠れる部位なので、日常生活に大きく支障を来すことはありません。人前に出られない期間も特にございません。 ただし、性行為や激しい運動は約1ヶ月控えてください。

手術後の痛みや不快感は通常1週間程度で改善します。

膣縮小 名古屋院の料金表

婦人科形成

※料金は税込表示です。

小陰唇縮小
通常275,000円
部分モニター99,000円
副皮切除
通常132,000円
部分モニター77,000円
陰核包皮切除
通常132,000円
大陰唇縮小(たるみ取り)
通常275,000円
大陰唇増大 ヒアルロン酸注入(1mlにつき)
通常88,000円
大陰唇増大 脂肪注入(コンデンスリッチファット)
通常495,000円
会陰部贅皮切除
通常 165,000円
膣縮小 ヒアルロン酸注入(10mlにつき)
通常 330,000円
膣縮小 脂肪注入(コンデンスリッチファット)
通常550,000円
膣縮小 手術
通常550,000円


※静脈麻酔を希望される場合は、別途55,000円かかります。
※エクスパレル麻酔(長時間持続型局所麻酔)を希望される場合は、別途33,000円がかかります。
※ダーマボンド法を希望される場合は、別途110,000円(小陰唇縮小)、165,000円(小陰唇縮小+副皮切除)、55,000円(その他部位)がかかります。

モニター料金については婦人科形成のモニター募集をご覧ください。

監修ドクターメッセージ

医療法人一美会理事長 竹内孝基

竹内孝基医師(美容外科専門医)

膣の緩みに関する悩みは、多くの女性にとってデリケートで深刻な問題です。膣の緩みは、出産や加齢により引き起こされる自然な現象ですが、性生活の質の低下や尿漏れといった身体的な不快感を引き起こすだけでなく、自己評価や自信にも影響を与えることがあります。

これらの問題を改善し、より充実した生活を送っていただくための手術が膣縮小術です。膣縮小術は、膣の緩みを引き締め、膣周辺の筋肉を強化することで、性生活の質を向上させることを目的としています。また、尿漏れの軽減や外陰部の見た目の改善も期待できるため、多くの女性にとって有益な手術です。

膣の緩みでお悩みの方にとって、この手術は有効な選択肢の一つです。膣縮小術にご興味をお持ちの方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
(現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院
令和6年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田HEPナビオ院開院

所属学会

日本美容外科学会/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

日本美容外科学会専門医

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医
ボトックスビスタ施注資格/ジュビダームビスタ施注資格

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約