名古屋でシミ取り治療なら【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

シミ取り治療

シミ取り治療 とは

顔のシミ

シミとは?

シミは、周囲の皮膚に比べてメラニン濃度が増加し、茶褐色の斑点として現れるものを指します。特に紫外線による影響で形成されることが多く、顔、手の甲、腕などの露出が多い部位によく見られます。
「シミ」と一言で言っても、実際には多種多様な病態が存在し、その種類によって治療方法も異なります。

シミに悩む女性

シミの原因と予防

シミを引き起こす主な原因は以下の通りです。これらの原因を理解し、暴露を避けることが、シミの予防につながります。

紫外線(UV):日常の紫外線曝露は、皮膚のメラニン産生を促進します。紫外線のダメージが蓄積されると、シミの形成や肌の老化の原因となります。常日頃から日焼け止めを使用するようにしましょう。

摩擦刺激:肌に慢性的な摩擦が加わると、メラニンを過剰に産生するようになります。その結果、肝斑や黒ずみの原因となります。

加齢:年齢を重ねると、皮膚のターンオーバーが遅れることから、メラニンが皮膚の特定の部位に溜まりやすくなります。

ホルモンの変動:妊娠や経口避妊薬の使用、特定の疾患や薬の影響、または女性ホルモンそのものの変動が、メラニンの過剰生産を促すことが知られています。

皮膚の損傷:傷や炎症が治った後、色素沈着としてシミが皮膚に残ることがあります。

シミ取り治療 が適している方

  • 老人性色素斑など、紫外線によるシミが目立つ方
  • 年々シミが増えて気になっている方
  • 最近肝斑が濃くなってきてお悩みの方
  • ソバカスが気になる方
  • 色素沈着が濃く、クリームや美白化粧品などで改善が難しい方
  • 飲み薬や塗り薬、お化粧品による治療が効果が薄い方
  • 症例数の多い医院で医学的根拠のある治療を行いたい方
  • 多少のダウンタイムがあってもできるだけ早期に治療したい方(しばらくの間、色素沈着や肌の赤みなどが出る治療もあるため)

シミの種類

日常の診療でよく見かけるシミには以下のような種類があります。シミの種類を見極めることは治療方法を決める上でも重要となります。

老人性色素斑

老人性色素班

最も多いタイプのシミです。老人性とありますが、この言葉にあまり深い意味はなく、若い人(20代後半~)にもできます。境界明瞭な茶褐色斑で色の濃さや大きさなど様々です。日光のあたる顔の側面にでき易いのが特徴です。顔以外に背中や手、腕などにもできます。
老人性色素斑 詳しくはこちら

<お勧めの治療方法>
シミのメラニンに選択的に反応するレーザーを使用します。最も推奨される治療方法はピコ秒レーザーやナノ秒レーザーです。かさぶたを作りたくない方はIPLやレーザーフェイシャルもオススメです。

ピコ秒レーザー
レーザーフェイシャル
フォトRF・IPL
Qスイッチルビーレーザー

脂漏性角化症

脂漏性角化症(老人性イボ)

いぼのように表面が少し膨隆した茶褐色のシミです。紫外線暴露が原因で、ゴルフやマリンスポーツをされている方などの顔面に多発しているケースが多くあります。組織学的には老人性色素斑とほとんど同じで、平坦か盛り上がっているかの違いです。
脂漏性角化症(老人性イボ) 詳しくはこちら

<お勧めの治療方法>
炭酸ガスレーザーで盛り上がって角化している部分を削る治療がおすすめです。

炭酸ガスレーザーCO2RE

そばかす

雀卵斑(そばかす)

学童期に遺伝的に発生し、鼻を中心に左右対称に散在します。大きさは比較的均一で3~5ミリ程です。先天的に皮膚の色を均一にする機能に異常があると言われており、根治させることはできませんが、しばらく(数年)きれいな状態に保つことはそれ程難しいことではありません。
雀卵斑(そばかす) 詳しくはこちら

<お勧めの治療方法>
老人性色素斑と同様の治療法、つまりピコ秒レーザーやナノ秒レーザーが有効です。また、数多くできるものなので、面での治療ができるIPLやレーザーフェイシャルもオススメです。しかし、そばかすは遺伝的素因により発生するものなので、一度そばかすを取り切ったとしても、いずれはまた出てくるものと言えます。

ピコ秒レーザー
レーザーフェイシャル
フォトRF・IPL

肝斑

肝斑

女性に多く、頬骨の突出部や額などに左右対称にできる地図上のシミです。過剰刺激、女性ホルモンなどが原因といわれています。肝斑は刺激に弱いため、強いレーザーによる治療はかえって状態を悪化させます。
肝斑 詳しくはこちら

<お勧めの治療方法>
刺激の強い治療は肝斑を悪化させる要因となるため、マイルドなレーザー治療を選択します。近年、レーザートーニングというレーザーを弱くたくさん当てる(低出力高頻度照射)治療法が注目されています。肝斑治療は一朝一夕には成功しません。長期間にわたる治療が必要となります。

ピコレーザートーニング
メソナJ
シミ外用薬・内服薬

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

成人になってから両側性に頬や額に出現する灰褐色~濃褐色のシミです。他のタイプと異なり真皮層にメラノサイト(メラニン産生細胞)を認めます。ピコ秒レーザーという非常に強力なレーザーでのみ治療可能です。
後天性真皮メラノサイトーシス(ADM) 詳しくはこちら

<お勧めの治療方法>
複数回の治療が基本になります。ピコ秒レーザーやナノ秒レーザーを使用して治療します。他の治療は効果がありません。

ピコ秒レーザー
Qスイッチルビーレーザー

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着

皮膚に何らかの理由で炎症が起こると、その後に色素沈着を残します。この色素沈着は炎症が治まれば多くの場合半年~1年の経過で徐々に薄くなっていきます。最終的に残ってしまったものが治療対象となります。
炎症後色素沈着 詳しくはこちら

<お勧めの治療方法>
皮膚が刺激を受けて過剰にメラニンを産生している状態のため、強いレーザーを照射するとそれが刺激となってより事態を悪化させます。レーザートーニングと呼ばれるマイルドなレーザー照射か内服薬・外用薬が治療の中心になります。

ピコレーザートーニング
シミ外用薬・内服薬

シミ取り治療 の術式

ピコショット

ピコ秒レーザーをショットで強く照射する治療方法です。レーザー照射後はかさぶたが形成されます。また、照射後に発生する色素沈着により、一時的に、照射前よりもシミが濃くなる場合があります。

<治療対象のシミ>
老人性色素斑
雀卵斑
後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

ピコウェイ

Qスイッチルビーレーザー

メラニンに最も反応しやすい694nmの波長を搭載したレーザーで、治療対象はピコショットと同じですが、特にADMの治療に使用すると治療回数の短縮につながります。

<治療対象のシミ>
後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

ザ・ルビー ナノQ

ピコレーザートーニング

弱パワーでたくさん照射する方法(低出力高頻度照射)です。肝斑のように、刺激が強いと悪化するようなシミに対して行います。

<治療対象のシミ>
肝斑
炎症後色素沈着

ピコウェイ

炭酸ガスレーザー

組織を蒸散させるタイプのレーザーです。盛り上がりの見られるシミに対して効果を発揮します。

<治療対象のシミ>
脂漏性角化症(老人性イボ)

フラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE(コア)

フォトRF

お顔全体に照射していくタイプの治療です。単一波長のレーザー光ではなく、マルチバンドの光を照射するため、マイルドな治療となります。繰り返しの治療で徐々にシミを薄くすることができます。

<治療対象のシミ>
老人性色素斑
雀卵斑

イーロスプラス

レーザーフェイシャル

ロングパルスアレキサンドライトレーザーをお顔全体に照射していく治療です。ピコショットやQスイッチレーザー照射に比べてマイルドな治療になります。繰り返しの治療で徐々にシミを薄くすることができます。また、肌の質感の向上も期待できます。

<治療対象のシミ>
老人性色素斑
雀卵斑

レーザーフェイシャル

メソナJ

メソナJはエレクトロポレーション経皮導入機です。従来の国内外の経皮導入機とは一線を画す高品質・高性能を実現しました。
注射やメソセラピーのように針を使わずに成分を導入できるため、肌を傷つけず、痛みやダウンタイムもありません。また、様々な肌タイプに対応し、安全かつ効率的に多様な成分を肌の真皮層まで導入します。

<治療対象のシミ>
肝斑
炎症後色素沈着

メソナJの筐体

シミ内服薬

ビタミンC、E、トラネキサム酸がシミ治療として用いられます。積極的にシミを除去する作用はないですが、メラニンを薄くしたり、産生を抑えたりして、レーザー治療の補助療法として併用されるといいでしょう。

<治療対象のシミ>
肝斑
炎症後色素沈着

シミの内服薬

シミ取り治療 の施術の流れ

洗顔

治療を希望されるシミを正確に診断するために、全顔のお化粧をしっかりと落としていただきます。

洗顔

カウンセリング

治療を希望されるシミの種類を診断し、患者様のご希望を伺いながら、どのような治療が最善かを決めていきます。シミの治療はレーザーを照射して全てが終わりというわけではなく照射後のケアが非常に大切ですので、その点を詳しくご説明いたします。

芹澤医師カウンセリング

レーザー照射

担当医師もしくは施術者が治療部位にレーザーを照射します。使用するレーザーの種類によって施術感は変わってきますので、詳しくは各施術ページをご覧ください。

レーザー照射

アフターケア

ピコレーザー・Qスイッチレーザー
レーザーを照射した部分に黒いかさぶたができます。無理矢理こすり取らないようにしましょう。洗顔、スキンケアは当日から可能です。化粧のみ翌日からしていただけます。

IPL・レーザーフェイシャル
施術直後は肌に赤みが出ます。状態によってお冷やしをしたり軟膏を塗布したりする場合があります。また、施術後は洗顔・お化粧をしてお帰りいただけます。

紫外線対策はいずれの治療でも重要です。日常では日焼け止めを必ずしてください。

アフターケア

シミ取り治療 名古屋院の症例紹介

美肌レーザー治療

シミ IPL

肝斑シミ治療症例_IPL_エースクリニック名古屋院・大阪梅田院

肝斑シミ治療症例_IPL_エースクリニック名古屋院・大阪梅田院

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用

施術の総額費用(税込)22,000円/1回

美肌レーザー治療

シミ ピコレーザー 老人性色素斑の治療

左頬 老人性色素斑 レーザー照射前

左頬 老人性色素斑 レーザー照射後1ヶ月

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 色素沈着、色素脱失、水疱形成等

施術の総額費用(税込)24,000円(1平方センチメートル)

美肌レーザー治療

シミ ピコレーザー 背中の老人性色素斑の治療

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 色素沈着、色素脱失、水疱形成等

施術の総額費用(税込)24,000円(1平方センチあたり)

美肌レーザー治療

シミ ピコレーザー 顔の老人性色素斑の治療

しみピコレーザー治療_老人性色素班(しみ)症例_女性【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (1)

しみピコレーザー治療_老人性色素班(しみ)症例_女性【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (1)

担当医師

施術のリスク/副作用 色素沈着、色素脱失、水疱形成等

施術の総額費用(税込)16,500円/1㎠

美肌レーザー治療

シミ Qスイッチルビーレーザー 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)の治療 

ADM ピコレーザー治療 施術前 正面

ADM ピコレーザー治療 施術後 正面

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 色素沈着、色素脱失、水疱形成等

施術の総額費用(税込)198,000円

美肌レーザー治療

シミ ピコレーザー 老人性色素斑の治療

老人性色素斑 ピコレーザー照射前

老人性色素斑 ピコレーザー照射1週間後

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 色素沈着、色素脱失、水疱形成等

施術の総額費用(税込)24,000円

美肌レーザー治療

シミ ピコレーザー 顔の老人性色素斑の治療

シミピコレーザー治療‗女性症例【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (7)

シミピコレーザー治療‗女性症例【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (7)

担当医師名古屋院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 色素沈着、色素脱失、水疱形成等

施術の総額費用(税込)16,500円/1㎠

美肌レーザー治療

シミ ピコレーザー 顔の老人性色素斑の治療

ピコレーザーショット症例_しみそばかす治療【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院のコピー (6)

ピコレーザーショット症例_しみそばかす治療【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院のコピー (7)

担当医師名古屋院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 色素沈着、色素脱失、水疱形成等

施術の総額費用(税込)16,500円/1㎠

その他の症例を見る

術後経過と日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

洗顔・お化粧洗顔・お化粧

当日より可能ですが、痂疲のできる施術の場合は、痂疲をこすらないようにご注意ください。

シャワー・入浴・サウナシャワー・入浴・サウナ

シャワー・入浴は施術当日から可能です。サウナは1週間後より可能です。痂疲のできる施術の場合は、痂疲をこすらないようにご注意ください。

運動運動

紫外線を浴びるような運動をする場合は、紫外線防御をしっかりとしてください。
痂疲ができる施術では施術後の激しい運動は1週間程度避けてください。

飲酒飲酒

特に制限はありません。

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

治療内容によりますが、1回につき数分~30分程度です。

麻酔 point.2 | 麻酔

ほとんどのものは痛みは軽度ですので無麻酔で行います。

痛み point.3 | 痛み

治療内容によりほとんど痛くないものから輪ゴムで弾かれるような感じくらいの痛みを感じるものもあります。

施術後の診察 point.4 | 施術後の診察

適宜施術後の診察を行います。詳細は各施術ページをご確認ください。

メリット point.5 | メリット

老人性色素斑のようなものはレーザー治療で根治となることが多いです。

デメリット point.6 | デメリット

治療内容によってはダウンタイムを伴うものもあります。
複数回の治療が前提となるものも多いです。

注意点 point.7 | 注意点

どのような施術であっても、施術後は紫外線対策を必ず行ってください。

リスク・副作用

リスクは施術内容によって違いますので、詳しくは各施術ページをご覧ください。以下はシミ治療に伴う代表的なリスクです。

色素沈着 レーザーの刺激により肌が茶褐色となるものです。約半年くらいの経過で引いていきます。
水疱形成 水疱が出来た場合は適切な処置を行いますので、診察を受けてください。
白斑 メラニン産生細胞がダメージを受けて周囲より白くなる状態です。稀ですが、生じた場合、回復は難しいです。

施術を受けられない方

下記のような方は施術を受けられませんのでご注意ください。

  • 妊娠中の方・妊娠の可能性のある方

シミ取り治療 のよくある質問

シミにはいくつかの種類があり、日常診療上よく遭遇するのは以下の6つです。

老人性色素斑:紫外線によるダメージで発生し、加齢によって増加します。境界が明瞭な褐色または黒色の斑点状のシミです。主に顔や手の甲に出現します。治療方法は主にレーザーです。

脂漏性角化症:老人性色素斑の厚みの増したものです。紫外線をよく浴びるひとにたくさん発生します。治療方法は主に炭酸ガスレーザーです。

雀卵斑:ソバカスです。鼻を中心として両頬に小斑点として分布します。学童期に出現する点が特徴です。主にレーザー治療やフォト治療(IPL)で治療します。

肝斑:主に頬骨や額など突出部位に現れる、スリガラス状の褐色のシミです。女性に多く見られ、妊娠やホルモンバランスの変化、紫外線による刺激などが原因とされます。マイルドなレーザー照射や刺激の少ない治療を選択します。

後天性真皮メラノサイトーシス:主として頬骨に灰褐色~紫色を帯びた小斑点として現れます。Qスイッチルビーレーザーやピコレーザーによる治療がおすすめです。

炎症後色素沈着:ニキビ等の炎症や怪我の跡に皮膚の色調が濃くなる状態です。刺激を避け放置するか、マイルドなレーザーや内服薬・外用薬を選択します。

シミ取り治療には主に、レーザー治療、経皮導入治療、内服薬、外用薬等がございます。その中でもレーザー治療が治療の中心となることが多いです。
レーザー治療にも比較的肌への刺激の強いもの(ピコレーザー、Qスイッチレーザー)、マイルドなもの(レーザーフェイシャル、フォト治療)、弱いもの(レーザートーニング)と、色々ございます。シミの種類に応じて、適切なレーザー治療を選択することが大切です。

どのような治療を選択するかによって異なります。
照射強度の比較的強い治療(ピコレーザー、Qスイッチレーザーなど)は多くの場合、軽度の痛みや不快感が伴います。ただし、通常は麻酔を行うほどではありません。
照射強度のマイルドなものや弱いものは、人により軽度の不快感を伴うことがありますが、多くの場合は自制内です。
経皮導入(イオン導入やエレクトロポレーション)はほとんど不快感を伴いません。

治療法によってダウンタイムがあるものとないものがございます。 ピコレーザーやQスイッチアレキサンドライトレーザー、フラクショナルレーザーは、レーザー照射後に痂疲ができるためダウンタイムがある治療です。この場合、かさぶたは1週間~2週間ほどで取れてきます。 その他の治療には一般的にダウンタイムはございません。

シミの種類や治療により異なります。以下、代表的なシミである老人性色素斑に限定して説明致します。

1回のレーザー照射で取れるケースの方が多いのですが、1回で取り切れずに複数回の照射が必要となることもあります。その場合は約半年の間隔を空けて再照射します。

シミ治療はレーザーを使用することが多く、レーザー照射後は紫外線防御をしっかりとしてもらうことが基本になります。また、ごく最近に日焼けをしたということですと、少し治療は延長した方が良いでしょう。日焼けとシミは密接な関係がありますので、シミ治療をお考えなら日焼けは避けてください。

シミ取り治療 名古屋院の料金表

シミ取り放題

※料金は税込表示です。

シミ取り放題料金
顔のシミ取り放題(目周り除く)66,000円

※このプランでは対応できないタイプのシミ(肝斑など)の場合など、カウンセリングにより別の施術をおすすめすることがあります。
※施術後に色素沈着を来すことがあるため、必ず再診にお越しいただきます。
※顔の範囲は、髪の毛の生え際より顔の内側から耳前部、フェイスラインまでです。
※麻酔をご希望の場合は、予約時に必ずお申し出ください。(別途11,000円)
※機種は選べません。(ピコレーザーもしくはQスイッチヤグレーザーを使用します。)

ピコショット照射

※料金は税込表示です。

ピコショット照射(PicoWay) 料金
1cm×1cm以下16,500円
1.5cm×1.5cm24,750円
2cm×2cm 33,000円
2cm×2cm以上 プラス1mmごとに+1,650円

※シミ1つあたりの料金です。複数のシミ除去ご希望の場合はそれぞれに料金がかかります。
※1年以内の再発につきましては大きさ・個数にかかわらず4,400円にて再照射を行うことができます。

ピコトーニング

※料金は税込表示です。

ピコトーニング 顔全体
初回限定9,240円
1回13,200円
5回59,400円
10回105,600円

※施術にはピコウェイを使用します。
※顔全体の範囲には目周りは含まれません。
※各施術にイオン導入をお付けになる場合は1回ごと +6,930円、5回 +31,185円、10回+55,440円となります。
※メソナJをお付けになる場合、上記料金に加えてメソナJの料金が10%オフとなります。

レーザートーニング

※料金は税込表示です。

レーザートーニング 顔全体
初回限定6,160円
1回8,800円
5回39,600円
10回70,400円

※施術にはトライビームプレミアムを使用します。
※顔全体の範囲には目周りは含まれません。
※各施術にイオン導入をお付けになる場合は1回ごと +6,930円、5回 +31,185円、10回+55,440円となります。

レーザーフェイシャル

※料金は税込表示です。

レーザーフェイシャルシングル(顔全体)ジェントルマックス
1回13,200円
5回59,400円
10回105,600円
レーザーフェイシャルダブル(顔全体)ジェントルマックス+VビームⅡ
1回22,000円
5回99,000円
10回176,000円

※各施術にイオン導入をお付けになる場合は1回ごと+6,930円、5回 +31,185円、となります。
※メソナJをお付けになる場合、上記料金に加えてメソナJの料金が10%オフとなります。

イーロスプラス

※料金は税込表示です。

イーロスSR
1回19,800円
5回89,100円
10回158,400円
SR+Motif IR
1回29,700円
5回133,650円
    
10回237,600円
SR+Sublime
1回49,500円
5回222,750円
10回396,000円
トリニティプラス(SR+Sublime+Motif IR)
1回59,400円
5回267,300円
10回475,200円

※各施術にイオン導入をお付けになる場合は1回ごと +6,930円、5回 +31,185円となります。
※各施術にハイドラフェイシャルをお付けになる場合は1回ごと +16,500円、5回 +74,250円となります。
 (ハイドラフェイシャルが適用ではない場合もあります。詳細は医師にご確認ください)
※メソナJをお付けになる場合、上記料金に加えてメソナJの料金が10%オフとなります。

炭酸ガスレーザー

※料金は税込表示です。

Co2REレーザー 料金
2mm未満17,600円
2mm以上4mm未満26,400円
4mm以上6mm未満50,600円

※6mm以上の料金についてはご相談ください。
※1年以内の再発につきましては大きさ・個数にかかわらず4,400円にて再照射を行うことができます。

シミ内服薬

※料金は税込表示です。

シミ内服薬(トランサミン・シナール・ユベラ) 
30日分4,400円

※上記は内服・外用のみでシミを治療される場合、診察処方料として3,300円が別途かかります。

シミ・黒ずみ外用薬

※料金は税込表示です。

HQエッセンスC(ハイドロキノン)  15g
1本5,500円
トレチノイン 0.1%(30g)※ゼオスキンとセットでご使用いただきます
1本33,000円
ゼオスキン ミラミン
1本14,080円

監修ドクターメッセージ

名古屋院院長 芹澤 快

芹澤快医師(美容外科医)

シミといわれるものには、様々な種類があります。治療する上で最も重要な点はそのシミの種類に合った治療法を選択することです。そのためにはまず正確にその種類を診断しなければなりません。また、治療は比較的短期間で済む場合もありますが、長期継続が必要なこともあります。合理的でない方法を選択しても効果が望めないばかりか、時間の無駄になりますので、治療法の選択は非常に大切になります。

当院では複数のレーザーを中心にシミ治療を行っております。ピコ秒レーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザー、ロングパルスアレキサンドライトレーザー、IPL、フラクショナルレーザーなどのレーザーを状態により使い分けます。レーザー光線でシミとなっているメラニンを破壊、除去する一方、エレクトロポレーション、イオン導入などの経皮導入、内服・外用療法を併用することで、新たなメラニンの産生を抑え、相乗効果を図ります。シミの種類や状態に応じて最適な方法を提案いたしますので、シミでお悩みの方はぜひご相談ください

経歴

平成30年 東京医科大学医学部卒業/静岡赤十字病院勤務
令和2年 静岡美容外科 橋本クリニック
令和3年 医療法人一美会エースクリニック勤務
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院院長
令和6年 医療法人一美会エースクリニック名古屋院院長

所属学会

日本美容外科学会/日本美容外科医師会

資格

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医/ボトックスビスタ施注資格/ジュビダームビスタ施注資格

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約