エイジングケア世代の美容医療 ACE CLINIC

名古屋院
/アネックス院

シミ治療(内服薬・外用薬)

シミ内服薬 -体の中からシミを薄くする-

当院ではほとんどのシミに対してレーザー治療を行いますが、その治療効果をさらに高めるために内服治療もお勧めしています。
また色白な透明感のある肌になりたい方にもお勧めです。

内服薬の種類と効果

トランサミン

トラネキサム酸で、抗プラスミン剤とよばれる種類の薬です。 この薬は弱い止血作用があり、古くから使われていました。近年、少量を長期間服用することで、シミに効果のあることが明らかになってきました。紫外線や妊娠、経口避妊薬の服用は、皮膚のプラスミン活性を高めることによりメラノサイト(メラニン産生細胞)を刺激してメラニン産生を増加させます。これに対して、トランサミンはその抗プラスミン作用によりメラニン産生細胞を抑制してシミを薄くします。通常、初めの1~2ヶ月で少し効果が見られ、その後ゆっくりシミが薄くなります。内服半年を過ぎるとくすみが改善し地肌も白くなっていきます。
【リスク副作用】高脂血症や心疾患のため抗凝固療法を受けている方は内服できません。また、心筋梗塞や脳卒中といった既往歴がある方も内服できません。

シナール

ビタミンCです。できてしまったシミをメラニン色素還元作用とメラニン生成抑制作用でシミを薄くします。また、紫外線の影響でできる活性酸素を取り除きます。
【リスク副作用】きわめてまれに胃部不快感、下痢など

ユベラ

ビタミンEです。ビタミンCと共に、これらは抗酸化ビタミンと呼ばれます。メラニンはチロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酵素により酸化されて合成されます。この酸化の過程を抑えることでメラニン産生を抑制します。またメラニン自体も酸化することにより濃さを増します。ビタミンCと協同的に働くことでメラニンを抑えます。トランサミンの効果を高めるため併用していただいております。
【リスク副作用】便秘、胃部不快感、下痢など

シミ外用薬 -レーザー治療を併用して相乗効果を-

シミ外用
肝斑の方や炎症性色素沈着の改善目的に使用したり、レーザー照射後のアフターケアに用いたりします。
また、シミ内服薬と組み合わせることで更に良い結果が得られます。

外用剤の種類と効果

トレチノイン

トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種で、レチノイン酸(retinoic acid)のうち二重結合がすべてトランス型をとった、オールトランスレチノイン酸(all-trans retinoic acid)のことを指し、ビタミンA(all-trans retinoid)の生体内での活性本体です。表皮細胞のターンオーバー(生まれ変わり)を早め、メラニンを外に排出させることでシミを薄くします。非常に有効性の高い塗り薬ですが、この薬には皮膚刺激症状がみられます。使用量や回数を加減していただくことで継続可能です。

トレチノインの作用

トレチノインは非常に多様な薬理作用があります。

  • 角質をはがして薄くする(ピーリング効果)。
  • 表皮の細胞の分裂・増殖(ターンオーバー)を促進し、皮膚の再生を促す。(約2週間で表皮が入れ替わる。)
  • 皮脂腺の活動を抑え、皮脂の分泌を抑える。
  • 真皮でのコラーゲン産生を促進し、皮膚のハリ、小ジワ、たるみを改善。
  • 表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくする。

使用方法

(1)基礎化粧品などで保湿を行った後、気になる部位にご使用下さい。1日1回入浴後の使用から開始し、必要に応じて1日2回など使用回数を調整します。
(2)卜レチノインとハイドロキノンを併用する場合、ハイドロキノン塗布後乾いた後にトレチノインを塗布します。
(3)目の下、目尻にご使用の際は、目に入らないように十分に気を付けて下さい。万が一、目に入ってしまった場合は、流水で十分に洗い流して下さい。
(4)炎症(発赤)やかゆみが生じます。使用後2~7日前後で出現し1ヶ月くらいで引いていくことが多いです。赤みやヒリヒリ感が強い場合は、2~3日に1回の使用に変更し様子を見てください。目の周囲に使用する場合は、2~3日に1回の使用から開始し、様子を見ながら使用頻度を変更することをおすすめします。
(5)長期に使用すると、徐々に耐性がつき効果が薄れてくる場合があります。その場合は一旦休薬するとまた効果が回復します。
(6)トレチノインは化学的に不安定なため、通常は冷蔵保存します。(当院のトレチノインは常温で保存できますが、直射日光の当たらない環境で保存をお願いします。)

使用時の注意事項

トレチノインは効果の高い外用薬ですが、様々な薬理作用を有するため、以下の点に注意して使用してください。

紅斑などの皮膚刺激感や落屑(らくせつ)

卜レチノイン外用の際、多くの人に生じる症状として、皮剥け(落屑)、紅斑やヒリヒリ感を伴う皮膚刺激があります。これらは通常、使用開始後2~3日で生じます。

保湿ケア

トレチノイン治療中は、皮膚の角質層がはがれますので、皮膚のバリア機能や水分保持機能が弱くなっています。治療部位では水分が蒸発しやすくなり、皮膚が乾いて突っ張ったりします。そのため保湿力の高い化粧水などを使用してください。

紫外線ケア

トレチノイン使用中は、角質層が薄くなっているため、紫外線の影響を非常に受けやすい状態になっています。従って、紫外線のケアが悪いと皮膚にダメージを与え、かえってシミを作ってしまう可能性もありますす。外出時には必ずUVケア(刺激の少ない日焼け止めクリームの使用や帽子、サングラスの着用)をして下さい。特に汗をかく季節には紫外線ケアがおろそかになりますので、日中は頻繁に気を配るようにしてください。最近では内服するタイプの日焼け止めもありますので、塗るタイプと併用するとよりしっかりと紫外線対策ができます。

お化粧

卜レチノインの作用により表皮細胞の分裂と分化が促進されてターンオーバー(代謝)が早くなります。そのため、今まで堆積していた角層の角質細胞が、新しい細胞に急激に押し上げられるため、落屑(らくせつ:皮剥け・力サカサ感)が起こります。落屑が生じているときはリキッドタイプのファンデーションだと皮膚の表面を擦るように塗りつけるため、より落屑がひどくなりがちです。このような場合は、ごく薄くワセリンを塗布した後、皮膚刺激の少ないパウダータイプのファンデーションを使用すると落屑が目立ちにくくなります。落屑は使用後1ヶ月くらいでおさまっていくことが多いです。

使用できない方

  • 妊娠中あるいは妊娠予定のある方とそのパートナーの方
  • 過度の敏感肌の方
  • 肌荒れのひどい方
  • 感染性の皮膚疾患の方

組み合わせると効果的な施術

ハイドロキノン

ハイドロキノン分子式

ハイドロキノンは一般的にはヒドロキノンとも呼ばれる化学構造的に還元力の強い物質で、写真の還元剤として用いられていました。メラニン色素の漂白作用があることがわかり、現在では化粧品の成分として使用されたり医師の処方する美白剤として使用されています。

当院で使用しているハイドロキノン製剤

ハイドロキノンは元来皮膚に浸透しにくい性質を持っています。ハイドロキノンの持つ薬理効果を最大限に発揮するために皮膚内に効率良く浸透させる経皮吸収促進剤「ナノキューブ」技術を用いて製造されている「マリアンナメッドHQエッセンスC」を処方しています。

ハイドロキノンの働き

ハイドロキノンは、非常に強い美白作用がある成分で、シミの原因であるメラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素そのものを淡色化する還元作用を有する。即効性が高く、メラノサイトの働きを阻止して美白に導くことから「肌の漂白剤」とも呼ばれている。ただし、ハイドロキノンは不安定で酸化されやすい性質であるため、変色した製剤を使用すると、かぶれ、アレルギーによる接触性皮樋炎を起こす危険性がある。以前はハイドロキノンを使用する場合、医師の処方箋が必要だったが、薬事法の改正により2002年から市販化粧品への配合が認可され、現在では店頭や通信販売などで購入できるようになっている。
医薬品として販売しているハイドロキノン配合外用剤は、配合量4%以上の製品が多く、白斑など肌トラブルの原因になる場合も少なくない。また、抗生剤やトレチノイン、ビタミンC等、混合して製剤化している場合が散見されるが、ハイドロキノンは還元効果の高い薬剤であるため、配合されている他の薬剤を還元し、自らは酸化して変色するため、配合及び使用に関して注意が必要である。

治療の対象

ハイドロキノンはお肌のメラニンの増加した状態に幅広く適応があります。ハイドロキノン単体で治療を行うことも有効ですが、各種レーザー治療やトレチノイン療法と組み合わせると症状の改善効果が高いです。

副作用

ハイドロキノンは歴史も古く長く使用されている薬ですが、稀に以下のような副作用が生じることがあります。

接触皮膚炎
いわゆるかぶれです。3~4%程度の人に生じると言われています。かゆみを伴う発赤、腫脹が出現します。顔にハイドロキノンを使用する前には必ずパッチテストを行います。
白斑
周囲の皮膚よりもメラニンが抜けすぎてしまい部分的に白く見える状態です。5%以上の高濃度のものを長期間使用すると生じることがあるとされています。当院で使用しているハイドロキノンは高浸透型のため低濃度で安全性は高いです。

ハイドロキノンを使用できない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 過去にハイドロキノンを使用して皮膚炎症状が出た方
  • 白斑のある方
  • 過度の敏感肌の方
  • 肌荒れのひどい方
  • 感染性の皮膚疾患の方

– Doctor message -監修ドクターメッセージ

医療法人一美会理事長 竹内孝基

エースクリニック竹内院長

【所属学会】
日本美容外科学会 専門医/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会
ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医

【略歴】
平成9年  大阪大学医学部 卒業
平成12年 大塚美容形成外科勤務 金沢院・名古屋院院長を務める
平成22年 医療法人一美会エースクリニックを開院

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、形成外科、美容皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝