眼瞼挙筋前転法|名古屋 【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転法 とは

まぶたの開きの悪い状態

眼瞼挙筋前転法とは?

眼瞼挙筋の腱膜を前転し瞼板に固定することでまぶたの開きを良くする手術方法です。
まぶたを開ける筋肉(眼瞼挙筋)の力は良好だけれども、その力がまぶたにうまく伝わらない状態(腱膜性眼瞼下垂)の場合にこの手術を行います。
腱膜性眼瞼下垂の場合、まぶたに筋肉の力を伝える部分である眼瞼挙筋腱膜がゆるんで伸びてしまっていたり、腱膜と瞼板のつながりがゆるくなってしまっていたりします。眼瞼挙筋腱膜をまぶたが開きやすい位置まで前転して瞼板に固定することでまぶたが開きやすくなります。

眼瞼挙筋前転法 が適している方

  • まぶたが重い、開けにくいと感じている方
  • いつも眠そうにしていると言われる方
  • 元気がなさそうな目をしていると言われる方
  • まぶたの開きが悪く、視界が遮られている方
  • 慢性的な肩こりや頭痛がひどい方

眼瞼挙筋前転法 の特長

開きやすいまぶた

まぶたを開けやすくなります

いつもまぶたが重い、開けにくいという方で本手術の適応のある方は、手術を受けることによりまぶたを開けやすくなります。個人差はございますが、劇的に開けやすくなる方も多いです。

01

眠そうなまぶた

眠そうな目がぱっちりとした目に

目の開きが良くなることでぱっちりとした活き活きとした目元になります。また、手術に際しては二重まぶたも作成するため、一重の人は二重になるというおまけもあります。

02

慢性的な肩こりに悩む女性

慢性的な肩こりや頭痛が解消することも

まぶたの開きが良くなることで肩こり、頭痛が解消する方が多くいらっしゃいます。これまで色々と肩こり・頭痛の治療をしてもダメだったという方でも、本手術で改善することも大変多いです。

03

眼瞼挙筋前転法 の術式

デザイン

事前のプランニングに沿って医師がデザインを行います。自然に見えるように最大限配慮したデザインを行います。

施術の流れ_眼瞼下垂_デザイン

局所麻酔

極細の針にて局所麻酔を行いますので痛みは通常軽度です。

まぶたの局所麻酔

眼瞼挙筋前転法

眼筋挙筋前転法を行います。手術の所要時間は1時間~1時間半が平均的ですが、手術内容により長くなることもございます。

施術の流れ_眼瞼下垂_眼瞼下垂手術

皮膚切開

デザイン通りに皮膚を切開します。当院では部分切開法による眼瞼挙筋前転法を行っています。



眼瞼挙筋前転法の皮膚切開

眼瞼挙筋腱膜の前転

眼瞼拳筋腱膜を瞼板付着部で切り離した後、挙筋腱膜を前転し瞼板に固定を行います。

眼瞼挙筋腱膜の前転

開瞼状態の確認

まぶたが中央部、目頭側、目尻側とバランス良く開瞼できているかを座位にて確認します。

眼瞼挙筋前転法術中の開瞼状態の確認

重瞼固定

一重の状態はまぶたの開きが悪く見えるため、重瞼固定を行います。これにより元々一重だった人は二重になります。

眼瞼挙筋前転法の際の重瞼固定

皮膚縫合

最後に皮膚を縫合して手術終了となります

眼瞼挙筋前転法の皮膚縫合

眼瞼挙筋前転法 の施術の流れ

診察・カウンセリング

経験豊富な医師が患者様の状態を診断し、どのような手術が最適かをプランニングします。併せてリスクの説明などもさせていただきます。眼瞼挙筋前転法はエースクリニック名古屋院で大変数多く行っている手術ですが、見た目にもかかわることですので、術前の注意点がたくさんございます。しっかりと聞いて理解ご納得の上手術を受けてください。

診察・カウンセリング

手術のご予約

医師の説明にご納得いただき手術をご希望となった場合、手術日時をご予約いただきます。(診察を行っていない段階での手術のご予約はお取りできません。)また、術前血液検査も行っていただきます。

手術の予約

手術〜眼瞼挙筋前転法

眼筋挙筋前転法を行います。手術の所要時間は1時間~1時間半が平均的ですが、手術内容により長くなることもございます。

施術の流れ_眼瞼下垂_眼瞼下垂手術

安静とお冷やし

しばらくお冷やしをして休んでいただきます。

安静とお冷やし

ご帰宅

ご帰宅時、まぶたは腫れていますが、目は見えますのでご自身の足でお帰りいただけます。エースクリニックでは術後、皮膚の縫合はしますがガーゼ等による圧迫は行いません。
まぶたの腫れによっては視野が悪いこともありますので、徒歩、公共交通機関、タクシー、ご家族の方の運転によるお車のいずれかでご帰宅ください。

ご帰宅

眼瞼挙筋前転法 名古屋院の症例紹介

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転法 症例75 術前|眼瞼下垂手術|【エースクリニック】名古屋院

眼瞼挙筋前転法 症例75 術後|眼瞼下垂手術|【エースクリニック】名古屋院

担当医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)45,000円(健康保険3割負担の場合)

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転法

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。
腫れ・発赤・疼痛・アレルギー・ケロイド・痒み・水泡・ケロイド・かさぶた形成・色素の滲みムラなど

施術の総額費用(税込)約45,000円/健康保険3割適用の場合

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転法

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)約45,000円/健康保険3割適用の場合

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転法

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)約45,000円

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転法(他院修正)

眼瞼下垂症例

眼瞼下垂症例

担当医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)660,000円

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転術

眼瞼挙筋前転法 30代女性 術前 名古屋【エースクリニック】

眼瞼挙筋前転法 30代女性 術1ヶ月後 名古屋【エースクリニック】

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)約45,000円(健康保険3割適用の場合)

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転術

眼瞼挙筋前転法 20代女性 術前 名古屋【エースクリニック】

眼瞼挙筋前転法 20代女性 術1年後 名古屋【エースクリニック】

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)約45,000円(健康保険3割適用の場合)

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転術

眼瞼挙筋前転法‗眼瞼下垂治療【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (10)

眼瞼挙筋前転法‗眼瞼下垂治療【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (11)

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)約45,000円(健康保険3割適用の場合)

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋前転術

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)約45,000円(健康保険3割適用の場合)

眼瞼挙筋前転法

二重全切開法+眼瞼挙筋前転法他院修正

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、仕上がりの左右差、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正など。
出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)660,000円

二重埋没法・切開法

二重全切開法+眼瞼挙筋前転法(他院修正)

二重全切開+挙筋前転法症例

二重全切開+挙筋前転法症例

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、仕上がりの左右差、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正など。

施術の総額費用(税込)660,000円

眼瞼挙筋前転法

二重全切開法+眼瞼挙筋前転法

担当医師

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)550,000円

その他の症例を見る

術後経過と日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

腫れ腫れ

大きな腫れは2~3週間で引いていきます。細かなむくみも含め、その後完全に落ち着くには3~6ヶ月かかります。
腫れが気になる間は枕を高くして寝ると、腫れが軽減します。

内出血内出血

通常、2~3週間かけて自然に引いていきます。

傷

通常、3ヶ月~1年くらいの経過で目立ちにくくなっていきますが、無傷ではありません。

洗顔・お化粧洗顔・お化粧

洗顔は2日後より可能です。
お化粧は上まぶたのお化粧は、抜糸の翌日(8日後)より可能です。それ以外の部位は、洗顔ができるようになってから(2日後)可能です。

シャワー・入浴・サウナシャワー・入浴・サウナ

患部を濡らさなければ当日よりシャワー浴は可能です。
腫れを助長しないようにするため、湯船につかる入浴は、腫れがある程度落ち着いてからにしてください。

飲酒飲酒

腫れがある程度落ち着いてからにしましょう。

車・自転車の運転車・自転車の運転

大きな腫れが落ち着いてから(おおむね2~3週間後)になります。それまでは視野が悪い可能性があるため運転しないでください。その他危険な作業への従事も同様となります。

眼瞼挙筋前転法の術後経過の一例です。

眼瞼挙筋前転法 術後経過 CASE2 20代男性 術前|名古屋【エースクリニック】

術前

眼瞼挙筋前転法 術後経過 CASE2 20代男性 術直後|名古屋【エースクリニック】

術直後

眼瞼挙筋前転法 術後経過 CASE2 20代男性 手術1週間後|名古屋【エースクリニック】

1週間後

眼瞼挙筋前転法 術後経過 CASE2 20代男性 手術2週間後|名古屋【エースクリニック】

2週間後

眼瞼挙筋前転法 術後経過 CASE2 20代男性 手術1ヶ月後|名古屋【エースクリニック】

1ヶ月後

眼瞼挙筋前転法 術後経過 CASE2 20代男性 閉眼時(手術1ヶ月後)|名古屋【エースクリニック】

閉眼時(1ヶ月後」)

眼瞼下垂手術のリスク・副作用:出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。 施術の総額費用(税込):約45,000円(健康保険3割負担の場合)

リスク・副作用及び施術費用

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

1時間~1時間半。

麻酔 point.2 | 麻酔

まぶたの開き具合をチェックするため局所麻酔で行います。

痛み point.3 | 痛み

局所麻酔時に多少の痛みがあります。

施術後の診察 point.4 | 施術後の診察

術後7日:抜糸
術後1ヶ月:仕上がりのチェック
術後3ヶ月:仕上がりのチェック
状態により上記以外に診察処置を行うことがあります。

メリット point.5 | メリット

目が開きやすくなります。
パッチリした若々しいお目元になることが多いです。
肩こりや頭痛が改善することも多いです。

デメリット point.6 | デメリット

まぶたを切開するため相応のダウンタイムがございます。
印象の変化は多かれ少なかれあります。(一般的には若返って見えることが多いです。)
再発することがあります。

リスク・副作用

出血・血腫 出血や血液が溜まった場合は処置を行います。
感染・化膿 感染が疑われる場合は抗生剤の投与を行います。
知覚鈍麻 切開部位周囲の皮膚の知覚が低下しますが、ほとんどの場合は一時的で、約半年の経過で回復していきます。
アレルギー・アナフィラキシー 使用する局所麻酔薬や飲み薬に対するアレルギー反応が起こる可能性があります。
異物感 まぶたにゴロゴロと異物感を感じることがあります。
ドライアイ 目が乾きやすくなることがあります。
二重幅が狭くなる まぶたの開きが良くなることで、元の二重幅より狭く見えることがあります。
しわやたるみが増えたと感じる まぶたの開きが改善すると眉毛が下がってくることが多いため、まぶたのしわやたるみが増えたように感じる場合があります。
低矯正・過矯正 あまり開いていない、開きすぎとなることがあります。過度な場合は修正手術を行うことがあります。
仕上がりの左右差 まぶたの開き具合の差や、見かけ上の二重幅の差、皮膚のかぶさり具合、まぶたのくぼみ具合などに左右差が生じることがあります。
傷跡 切開している以上、必ず傷はできますが、まぶたの傷は比較的目立たない程度に治ることがほとんどです。しかし、一部の方は傷跡が気になる可能性があります。また、切開部分のへこみが生じる可能性があります。
再発 中長期的に見ると、本手術後の再発は稀なことではありません。再度まぶたの開きが悪化する場合は、診察の上で再度手術を行うことがあります。

眼瞼挙筋前転法 のよくある質問

「眠そうな目をパッチリとさせたい」「長時間に渡るハードコンタクトレンズの装着によって、まぶたが開きにくくなった」「黒目を大きく見せたい」「目つきが悪く見られる」「まぶたが窪んで老けた印象を与える」「加齢によってまぶたが弛み、視野が狭くなって来た」等のような方にお勧めです。 本手術が適応となるかどうかは、実際に診察してからの判断となりますので、まずは診察・カウンセリングにいらっしゃってください。

洗顔は手術の2日後から可能です。アイメイクは、抜糸(7日後)の翌日から可能です。

まぶたを切開する手術ですので、最初のうちは腫れはそれなりに強くでます。大きな腫れは2~3週間程度で引いていきます。女性の場合は、抜糸後はアイメイクなどでカバーしていただけます。 細かな腫れは術後3ヶ月くらいあり、何となくむくんでいるように感じますが、次第に良くなっていきます。

術後はそれなりに強い腫れがしばらく続きます。まぶたが腫れていても気にしないという方であれば、腫れがあまり影響しない事務仕事等であれば、手術翌日から仕事に復帰していただいて構いません。
もし、人目が気になるようでしたら手術後しばらくはお休みを取っていただく方が良いと思います。
また、車を運転したり、危険な作業に従事したりする仕事の場合は、大きな腫れが引く2週間後まで仕事はお休みしていただく必要があります。

眼瞼挙筋前転法は目を開けやすくするための手術ですが、手術直後はまぶたの腫れで目が開けにくくなっていることもあります。このような場合、視界が狭くなっていることもあります。視界が狭い状態での運転は危険ですので、術後すぐに車を運転することはできません。車の運転は、大きな腫れが引く2週間後より可能です。

眼瞼挙筋前転法は、眼瞼下垂がある場合、保険治療として行うことができます。その場合、自己負担割合が3割の場合、手術費用は両目で約45,000円、片目で約28,000円となります。これ以外に初診料、術前血液検査料、薬剤料、再診料などが必要となりますので、 最終的には両目で約50,000円、片目で約32,000円になります。
眼瞼下垂がなく、まぶたの開きを良くする目的で本手術を行う場合は、自費となります。

結論から申し上げますと、元々一重の方は、眼瞼挙筋前転法を行うと、結果的に二重まぶたになります。これは皮膚を切開した部分で二重を作る処理をしているためです。
なかには二重まぶたにしたくないという方もいらっしゃると思います。そのような方の場合、一重まぶたのままということはできませんが、あまり二重まぶたっぽく見えないように狭い幅で二重を作成します。
また、眼瞼下垂ではなく、ただ単に二重まぶたにしたいという方は、この手術の適応となりません。二重手術(埋没法、切開法など)を受けてください。

眼瞼挙筋前転法で切開したまぶたの傷跡は半年~1年くらい時間がたてばほとんどわからないくらいにきれいに治るのが通常です。また、その傷は二重のラインと重なるため、目を開けていれば二重の中に隠れてしまうので、よりわかりにくいです。 しかし、傷跡がきれいに治りにくい体質の方も一部いらっしゃり、その場合は目を閉じると傷跡として認識ができる場合もあります。また、一部の方は傷跡部分がへこんで見えることもあります。再手術の場合や、二重をしっかり作る必要がある場合などは、傷跡部分が目立つ可能性もあります。

診察してみないとはっきりしたことは申し上げられませんが、多くの場合は再度手術することは可能です。一度診察にお越しください。

眼瞼下垂が原因で頭痛・肩こりになっている場合は大変多いとされています。眼瞼下垂が原因でない頭痛・肩こりもありますので、全例で症状が改善されるとは言い切れませんが、印象では8~9割位の方の症状は改善すると思われます。

眼瞼挙筋前転法 名古屋院の料金表

眼瞼下垂

※料金は税込表示です。

眼瞼挙筋前転法(眼瞼下垂保険)
両目約45,000円
片目約23,000円
前頭筋吊り上げ術 筋膜移植法(眼瞼下垂保険)
両目約120,000円
片目約60,000円
眼瞼挙筋前転法(他院修正・自費)
1回660,000円

※上記は健康保険3割自己負担の場合です。1割負担の場合は両方で約15,000円となります。
※眼瞼下垂の場合、初診料は約900円(3割自己負担の場合)となります。
※美容目的の場合は、自費診療となり、上記とは異なる料金体系となります。また他院の眼瞼下垂治療の修正は自費診療となります。

監修ドクターメッセージ

名古屋院院長 竹内 孝基

理事長 竹内 孝基

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院

所属学会

日本美容外科学会 専門医/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約