エイジングケア世代の美容医療 ACE CLINIC

名古屋院
/アネックス院

重瞼線皮膚切除法

重瞼線皮膚切除法とは

重瞼線皮膚切除法のデザイン

重瞼線皮膚切除法とは?

余剰皮膚を二重ラインに沿って二重より上の部分で取り除くことで目元をすっきりとさせる方法です。元々一重の方の場合は、まつ毛よりほんの数ミリ上の位置で皮膚を取り除きます。これにより三角目といわれる状態(主に目の外側の皮膚がたるんでいる状態)が解消されます。

この手術の利点は、傷が二重のラインの中に隠れるため見えないことです。欠点は術後まぶたが厚ぼったく見えがちなことです。
まぶたの厚くない方やお化粧で傷をカバーできない男性におすすめの方法です。

重瞼線皮膚切除法が適している方

  • 上まぶたの皮膚のかぶさりが気になる方
  • 術後早期から傷跡が見えない手術を希望される方(男性や普段お化粧をされない方など)

重瞼線皮膚切除法の特長

傷跡が見えない

二重自体は触らないため、元もとのご自身のまぶたの印象を損なうことなくたるみを改善します。

自然な仕上がり

この手術方法では皮膚を取る量を間違わなければごく自然な仕上がりになります。

二重まぶたにもできます

一重の方は二重にすることも可能です。

重瞼線皮膚切除法の術式

デザイン

上まぶたのたるみと言っても、目の外側が垂れて三角目のようになっている場合もあれば、目の内側から外側まで全体的に下がっている場合もあります。上まぶたがどのようにたるんでいるかを見極め、それに応じたオーダーメイドなデザインを行います。ポイントとしてはしっかり外側まで皮膚を切除することが大切です。

重瞼線皮膚切除法のデザイン

麻酔

皮膚切開部位に局所麻酔を行います。極細の針にて局所麻酔を行いますので、通常痛みは軽度です。痛みに弱い方は局所麻酔時に笑気麻酔を併用することができます(別途料金)。

皮膚切除

デザインに従って余っている皮膚を切除していきます。

縫合

皮膚を縫合していきます。縫合線は二重の中にほぼ隠れるため、術後早期より傷自体はあまり見えません。まぶたの傷は通常ほとんどわからないくらいに治ります。

術後経過と日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

腫れ

大きな腫れは2~3週間で引いていきます。細かなむくみも含め、その後完全に落ち着くには3~6ヶ月かかります。

内出血

通常、2~3週間かけて自然に引いていきます。

二重の中に隠れるので、術後早期からあまり目立ちません。
閉眼時の傷は、通常、1年くらいの経過で目立ちにくくなっていきますが、無傷ではありません。

洗顔

2日後より可能です。

お化粧

(上まぶたへは)抜糸の翌日(8日後)より可能です。

シャワー・入浴

患部を濡らさなければ当日よりシャワー浴は可能です。
腫れを助長しないため、腫れがある程度落ち着いてから入浴してください。

お仕事

事務仕事であれば、特に制限はありません。

飲酒

腫れがある程度落ち着いてからにしましょう。

車・自転車の運転

大きな腫れが落ち着いてから(おおむね2~3週間後)になります。それまでは視野が悪い可能性があるため運転はできません。
その他危険な作業への従事も同様となります。

重瞼線皮膚切除法の施術の流れ

診察・カウンセリング

経験豊富な医師が患者様の状態を診断し、どのような手術が最適かをプランニングします。併せてリスクの説明などもさせていただきます。重瞼線皮膚切除法はエースクリニックで数多く行っている手術ですが、見た目にもかかわることですので、術前の注意点がいくつかございます。しっかりと聞いて理解ご納得の上で手術を受けてください。

診察・カウンセリング

手術のご予約

医師の説明にご納得いただき手術をご希望となった場合、手術日時をご予約いただきます。(診察を行っていない段階での手術のご予約はお取りできません。)
また、術前血液検査も行っていただきます。

手術の予約

手術〜重瞼線皮膚切除

デザインに沿って皮膚切除を行います。手術の所要時間は約1時間が平均的ですが、手術内容によりこれより長くなることもございます。
ケースによって詳細は異なりますが、皮膚のみを切除した場合は余計なダメージが他の組織に加わらないため、腫れが少なくてすみます。

施術の流れ_眼瞼下垂_眼瞼下垂手術

安静とお冷やし

しばらくお冷やしをして休んでいただきます。

安静とお冷やし

ご帰宅

ご帰宅時、まぶたは腫れていますが、目は見えますのでご自身の足でお帰りいただけます。エースクリニックでは術後、皮膚の縫合はしますがガーゼ等による圧迫は行いません。
まぶたの腫れによっては視野が悪いこともありますので、徒歩、公共交通機関、タクシー、ご家族の方の運転によるお車のいずれかでご帰宅ください。

ご帰宅

症例紹介

重瞼線皮膚切除法

重瞼線皮膚切除法

重瞼線皮膚切除法 50代女性 術前

重瞼線皮膚切除法 50代女性 術後

担当医師浅井 裕子

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)330,000円

重瞼線皮膚切除法

重瞼線皮膚切除法

重瞼線皮膚切除術 70代男性 術前

重瞼線皮膚切除術 70代男性 術後

担当医師竹内 孝基

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)330,000円

重瞼線皮膚切除法

重瞼線皮膚切除法

重瞼線皮膚切除 50代女性 術前 名古屋【エースクリニック】

重瞼線皮膚切除 50代女性 術後3ヶ月 名古屋【エースクリニック】

担当医師浅井 裕子

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)330,000円

重瞼線皮膚切除法

重瞼線皮膚切除法

重瞼線皮膚切除 60代男性 術前|名古屋【エースクリニック】

重瞼線皮膚切除 60代男性 術後|名古屋【エースクリニック】

担当医師芹澤 快

施術のリスク/副作用 出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差、再発など。

施術の総額費用(税込)330,000円

その他の症例を見る

施術のポイント

手術時間 約1時間。
麻酔 局所麻酔で行います。
術後の診察 術後7日:抜糸
術後1ヶ月:仕上がりのチェック
状態により上記以外に診察処置を行うことがあります。
メリット まぶたの皮膚のかぶさりが減って、まぶたが開きやすくなります。
切開線の傷が二重の中に隠れるため、早期から傷がわかりにくいです。
デメリット 元々まぶたの厚い人やはよりまぶたが厚く見えるので不向きです。
ダウンタイム 腫れは1週間程度です。
(二重をつくった場合は2週間程度)
皮下出血がある場合は2週間程で引きます。

施術を受けられない方

下記のような方は施術を受けられませんのでご注意ください。

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 上まぶたに感染性の皮膚疾患のある方

重瞼線皮膚切除法のよくある質問

大きな腫れはだいたい2~3週間くらいです。細かなむくみも含めて完全に落ち着くには3~6ヶ月がかかります。

男性の場合は女性と違いお化粧をしないので、特に傷が目立たない治療が良いと思います。一重の方の場合は、睫毛のすぐ上の位置から上の皮膚を切除すると傷が目立たず非常に自然な仕上がりになります。二重の方の場合も二重ところからすぐ上の皮膚を切除すると傷が目立ちません。

状態にもよりますが、まぶたが厚い場合に重瞼線皮膚切除法を行うと、よりまぶたの厚みが増してしまい、少し違和感のある仕上がりになることがあります。そのような場合は眉毛下切開法をおすすめさせていただくこともございます。どのような治療が良いかは状態によってだいぶ異なりますので、どれが良いかわからないという方は診察にお越しください。

この方法のメリットは切開線が二重のラインで隠れることです。また、まぶたの傷は時間がたてばほとんど分からなくなりますので、ほとんどの方は傷は気になるということはないと思います。ただし、術後早期に関しては、傷の赤みなどがありますので、閉瞼時の傷が気になるという方はいらっしゃいます。

重瞼線皮膚切除法の料金表

上まぶたの手術

※料金は税込表示です。

施術 料金
上まぶたたるみ取り
(眉毛下切開法、重瞼ライン切開法、眉毛上切開法)
330,000円
プレミアム埋没法2点留め 66,000円
片目留め1点追加ごと +16,500円
スーパープレミアム埋没法で使用する針糸にアップグレード +22,000円

監修ドクターメッセージ

dr.takeuchi

医療法人一美会理事長 竹内孝基

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
(現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院

所属学会

日本美容外科学会/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

日本美容外科学会専門医


ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医

上まぶたのたるみを取る方法として、最近では眉毛下切開法が人気がありますが、この重瞼線皮膚切除法は古くから行われており歴史のある方法です。欠点として、まぶたの厚みが増すというのがありますが、症例を吟味して行えば傷跡の心配もなく大変良い方法だと考えています。特に、最近まぶたのたるみで視界が悪くなったという方にはまず一番に検討されると良いでしょう。エースクリニックではまぶたのたるみ治療を数多く手掛けておりますので、まぶたのたるみでお悩みの方、お困りの方はぜひご相談ください。

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、形成外科、美容皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝