下まぶたのたるみ取り(皮膚切除)|名古屋【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除)

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除) とは

下瞼たるみ取りのイメージ

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除)とは?

まつ毛のすぐ下の皮膚を切開し、皮膚の余りを切除する方法です。皮膚がたるみ、よれ感が出てきている状態が対象となります。

目の下のクマと皮膚の余りは実のところそれ程関連性はありません。皮膚の余りは外側に強く現れるため、その余りは目尻側の下まぶたにフード状の皮膚のよれを生じます。その皮膚のよれを改善させるための手術とお考えください。

切開部位は傷になりますが、この部位の傷は数ヶ月するとわかりにくい状態になります。

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除) が適している方

  • 下まぶたの皮膚の余りがある方
  • 目の下の皮膚がよれた状態になっている方
  • 下まぶたに深いしわがある方

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除) の特長

皮膚を切除してだぶつきもすっきり

余剰皮膚を切除することで余ってだぶついていた状態をすっきりさせることができます。

皮膚の茶色みも改善

皮膚がたるんでいると、風船がしぼんでいる状態と同じで、肌の色味が濃く見えます。皮膚を余っている分だけ切除することで、色味が薄くなります。

傷跡がわかりにくい

切開線はまつ毛のすぐ下1~2mmなので、数か月でほとんどわからなくなります。

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除) の施術の流れ

デザイン

まつ毛のすぐ下に切開ラインのデザインをします。同時に皮膚の余りのある部分もマーキングしておきます。

下瞼脱脂のデザイン

麻酔

切開部分に局所麻酔薬を注射していきます。

まぶたの局所麻酔

皮膚切開

下まぶたのまつ毛の1~2mm下を瞼縁に沿って切開します。

皮下剥離

皮膚がよれている部分まで皮下剥離を進めます。
剥離が終了したら皮弁を元あった部位に敷き直し、切開ラインより上方にはみ出る部分を切除します。

余剰皮膚切除

剥離が終了したら皮弁を元あった部位に敷き直し、切開ラインより上方にはみ出る部分を切除します。
皮弁とまつ毛のすぐ下の皮膚を合わせて縫合します。

縫合

皮弁とまつ毛のすぐ下の皮膚を合わせて縫合します。

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除) 名古屋院の症例紹介

その他の症例を見る

術後経過と日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

腫れ腫れ

約2週間です。

内出血内出血

2~3週間で自然に引いていきます。

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

約1時間。

麻酔 point.2 | 麻酔

局所麻酔。
局所麻酔時に笑気麻酔を併用することが可能です。

施術後の診察 point.3 | 施術後の診察

5~7日後に抜糸にお越しいただきます。

メリット point.4 | メリット

皮膚のよれ感が改善します。
皮膚の茶色みが軽減します。
傷跡は通常ほとんどわからなくなります。

デメリット point.5 | デメリット

傷跡が目立たなくなるまで若干の時間が必要。

注意点 point.6 | 注意点

皮膚のよれ感が強い方にはおすすめですが、下まぶたの緊張が弱い方にはおすすめしない場合もございます。

リスク・副作用

出血・血腫 出血や血液が溜まった場合は処置を行います。
感染・化膿 感染が疑われる場合は抗生剤の投与を行います。
アレルギー・アナフィラキシー 使用する局所麻酔薬や飲み薬に対するアレルギー反応が起こる可能性があります。
しわが増えたと感じる ふくらみがなくなるとしわっぽく感じる場合があります。
仕上がりの左右差 なるべく左右差が少なくなるように処置致しますが、ある程度の左右差が生じる可能性があります。
凹凸ができる 凹凸はないのが理想ですが、ふらくみやへこみがある程度残ることがあります。
外反 いわゆる「あっかんべー」の状態をいいます。
ドライアイ 目が乾きやすくなることがあります。

施術を受けられない方

下記のような方は施術を受けられませんのでご注意ください。

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 下まぶたに感染性の皮膚疾患のある方
  • 糖尿病で血糖値のコントロールが不良な方
  • 血液の凝固を阻害する薬を服用されている方

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除) のよくある質問

皮膚のみの切除であれば腫れは通常数日で落ち着きます。腫れを最小限にする為に、手術後は保冷剤等で冷やして頂くと良いでしょう。 内出血は多少出る事がありますが、コンシーラー等でカバーして頂けます。吸収されるまでには1週間から2週間を要します。 どちらも個人差がございますが、それ程ダウンタイムは長くありません。

皮膚側を切開する場合、まつ毛のすぐ下を切開します。この場所は傷の非常に綺麗に治る場所です。術後1ヶ月~3ヶ月間は赤みがありますが、落ち着けばまず気になることはないでしょう。

患部以外は翌日からメイク可能です。抜糸(5~7日後)の翌日からはアイメイクも可能です。

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除) 名古屋院の料金表

下まぶたのくま・たるみ手術

※料金は税込表示です。

経結膜ハムラ法
通常385,000円
部分モニター327,250円
    
皮切ハムラ法
通常440,000円
部分モニター374,000円
眉毛下切開法
通常330,000円
部分モニター-
下瞼脱脂法
通常220,000円
部分モニター187,000円
下瞼脱脂法+脂肪注入
通常330,000円
部分モニター280,500円
下瞼脱脂法+CRF注入
通常396,000円
部分モニター336,600円
下瞼脱脂法+マイクロCRF注入
通常495,000円
部分モニター420,750円
脂肪注入
通常297,000円
部分モニター
CRF注入
通常330,000円
部分モニター
マイクロCRF注入
通常396,000円
部分モニター
下瞼皮膚切除
通常330,000円
部分モニター280,500円

※静脈麻酔をご希望の場合は別途88,000円(税込)がかかります。
※脂肪の凍結保存(保管期間6カ月)を希望される場合は、別途165,000円がかかります。
※モニター料金については目元の若返り・目の下のクマ治療のモニター募集をご覧ください。

監修ドクターメッセージ

名古屋院院長 竹内 孝基

理事長 竹内 孝基

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院

所属学会

日本美容外科学会 専門医/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約