脱脂CRF法|名古屋【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

脱脂CRF法

脱脂CRF法 とは

脱脂CRF法のイメージ

脱脂CRF法とは?

脱脂CRF法は、目の下の凹凸(影クマ)を改善する方法で、眼窩脂肪の切除と脂肪注入を同時に行います。

加齢に伴って、目の下にふくらみとへこみが同時に現れることが多いです。ふくらみに対処するために、結膜からアプローチして眼窩脂肪を切除します。一方、へこみに対処するために、他の部位(太もも、お腹、腰など)から採取した脂肪を注入します。

脂肪注入では、最初に脂肪を脂肪吸引の要領で採取し、目の下に注入するためにマイクロ化加工してマイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)を作成します。次に、下まぶたの裏側(結膜側)を切開し、適量の眼窩脂肪を切除します。最後に、作成したマイクロCRFをくぼんでいる部分に注入します。

この手術の利点は、傷が目立たず、腫れも比較的少ないことです。また、仕事などで時間が限られている方でも、手術の回復期間を短縮できます。さらに、くぼみが深い場合や広範囲にわたっている場合でも、注入する脂肪の量や範囲を調整できます。中年以降の方では、くぼみが深く広範囲にわたることが多いため、しっかりとふくらませたい場合は、別部位から採取した脂肪を使用する必要があります。別部位から採取した脂肪を使えば、十分な量が確保でき、下まぶたから中顔面までを立体的に整えることができます。

脱脂CRF法 が適している方

  • 目袋がふくらんでいてその下にくぼみがある方
  • くぼみが深く広範囲の方
  • 中顔面の脂肪が萎縮していて落ち窪んでいる方
  • 額やコメカミ、頬などのこけも同時に治したい方
  • 皮膚のたるみはあまりないが、目の下に凹凸がある方

脱脂CRF法 の特長

(下まぶたに)傷ができない

結膜側を切開するので、下まぶたの皮膚に傷ができません。 (脂肪を採取する部位は7mmほど皮膚を切開しますので、小さな傷ができます。)

ダウンタイムが短い

他の下まぶたの手術に比べると、切開範囲が少ないため、手術で組織に加わるダメージが少なく、腫れなども比較的早く引きます。

立体的な中顔面を構築

年齢と共に中顔面(目の下から法令線までの部位)の脂肪の萎縮が見られます。そのため多くの場合この部分が落ち窪んできます。十分な量の脂肪を注入してあげることでハリのある若々しい形を作ることができます。

額、こめかみ、頬などのくぼみにも対応可能

この手術をされる年齢の方は、お顔の他の部位がこけていることも少なくありません。そのような場合にも、採取した脂肪を用いてふっくらとさせることができます。

脱脂CRF法 の術式

専用シリンジで脂肪を採取

CRF(コンデンスリッチファット)用の専用シリンジを用いてお腹や腰、太ももなど脂肪のある部位から外気に触れない無菌状態で脂肪を50ccほど採取します。この工程は局所麻酔で行いますが、ご希望により静脈麻酔(点滴の麻酔)で寝ている間に行うことも可能です。

脂肪注入|脂肪の採取

採取した脂肪を遠心分離

採取した脂肪が入っているシリンジをFDA認可の専用機器LIPOMAX-SCにセットし、遠心分離します。

脂肪注入の遠心分離

マイクロコンデンスリッチファットの作成

採取した脂肪は、皮膚の薄い下まぶたにも注入できるようマイクロ化加工されます。遠心分離すると、上から排泄オイル(トリグリセライドや死活・老化細胞)、脂肪、血液や細胞膜などの不純物の三層に分かれます。三層のうち、上の排泄オイルと下の不純物を廃棄し、脂肪のみをシリンジ内に残します。これでコンデンスリッチファット(CRF)が作成されます。その後、専用カッターを用いてCRFを細かくカッティングし、ジェル状にしますが、細胞は残されます。この加工により、採取した脂肪が下まぶたの注入に最適化されます。

脂肪注入|コンデンスリッチファットの作成

デザイン

脂肪が突出している部分、くぼんでいる部分をマーキングしておきます。

下まぶたのデザイン

麻酔

下まぶたの裏側に局所麻酔薬を注射していきます。無痛での手術を希望の方や術中は眠っていたい方は静脈麻酔での手術も可能です。

下まぶたの局所麻酔

結膜切開

下まぶたの裏側の結膜側を約1cm切開します。

結膜切開

下瞼脱脂

すぐに眼窩脂肪が出てきますので、突出していた部分の脂肪を目頭側、中央、目尻側とバランスよく切除します。

下瞼脱脂

脂肪注入(CRF・マイクロCRF)

すでに作成してあるマイクロCRFをへこんでいる部分に注入していきます。

脂肪注入

脱脂CRF法 の施術の流れ

診察・カウンセリング

目の下のクマ・たるみ手術はエースクリニックで大変数多く行っている手術ですが、複数の術式を行っております。経験豊富な医師が患者様の下まぶたのクマの状態を診断し、どのような治療・手術が最適かをプランニングします。併せてリスクの説明などもさせていただきます。しっかりと聞いてご理解ご納得の上で手術を受けてください。

芹澤医師カウンセリング

手術のご予約

医師の説明にご納得いただき手術をご希望となった場合、手術日時をご予約いただきます。(診察を行っていない段階での手術のご予約はお取りできません。)
また、術前血液検査も行っていただきます。

手術のご予約

手術~脱脂CRF法

事前のカウンセリング内容を踏まえ、ご希望に沿った形で手術を行います。

脱脂CRF法 手術

安静とお冷やし

しばらくお冷やしをして休んでいただきます。

目元のお冷やし

ご帰宅

ご帰宅時、まぶたは腫れていますが、目は見えますのでご自身の足でお帰りいただけます。
まぶたの腫れによっては視野が悪いこともありますので、徒歩、公共交通機関、タクシー、ご家族の方の運転によるお車のいずれかでご帰宅ください。

ご帰宅

脱脂CRF法 名古屋院の症例紹介

脱脂CRF法

脱脂CRF法

担当医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、注入脂肪の過剰な吸収、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、ドライアイなど。

施術の総額費用(税込)495,000円

脂肪注入(顔)

脱脂CRF法

担当医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、注入脂肪の過剰な吸収、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、ドライアイなど。

施術の総額費用(税込)660,000円

脱脂CRF法

脱脂CRF法

担当医師名古屋院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、注入脂肪の過剰な吸収、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、ドライアイなど。

施術の総額費用(税込)660,000円

脱脂CRF法

脱脂CRF法

担当医師名古屋院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、注入脂肪の過剰な吸収、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、ドライアイなど。

施術の総額費用(税込)660,000円

脱脂CRF法

脱脂CRF法

目の下のクマたるみ治療_脱脂CRF法症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

目の下のクマたるみ治療_脱脂CRF法症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

担当医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、注入脂肪の過剰な吸収、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、ドライアイなど。

施術の総額費用(税込)660,000円

脱脂CRF法

脱脂CRF法

目の下のクマたるみ治療_脱脂CRF法症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

目の下のクマたるみ治療_脱脂CRF法症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

担当医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、注入脂肪の過剰な吸収、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、ドライアイなど。

施術の総額費用(税込)660,000円

脱脂CRF法

脱脂CRF法

脱脂CRF法 術前 正面

脱脂CRF法 術後5ヶ月

担当医師名古屋院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、注入脂肪の過剰な吸収、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、ドライアイなど。

施術の総額費用(税込)660,000円

脱脂CRF法

脱脂CRF法

目の下のクマ治療_脱脂CRF症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (2)

目の下のクマ治療_脱脂CRF症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (3)

担当医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、注入脂肪の過剰な吸収、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、ドライアイなど。

施術の総額費用(税込)660,000円

脱脂CRF法

脱脂CRF法

目の下のクマ治療_脱脂CRF症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (4)

目の下のクマ治療_脱脂CRF症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (4)

担当医師

施術のリスク/副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、注入脂肪の過剰な吸収、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、ドライアイなど。

施術の総額費用(税込)660,000円

その他の症例を見る

術後経過と日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

腫れ腫れ

大きな腫れは1~2週間で引いていきます。細かなむくみはその後しばらくあります。注入脂肪の定着も含め、完全に落ち着くには3ヶ月程度かかります。

内出血内出血

通常、2~3週間かけて自然に引いていきます。

洗顔・お化粧洗顔・お化粧

翌日より可能です。

シャワー・入浴・サウナシャワー・入浴・サウナ

患部を濡らさなければ当日よりシャワー浴は可能です。翌日よりお顔も塗らせます。
腫れを助長しないため、湯船につかるのは腫れがある程度落ち着いてからにしてください。

飲酒飲酒

腫れがある程度落ち着いてからにしましょう。

車・自転車の運転車・自転車の運転

大きな腫れが落ち着いてから(おおむね2~3週間後)になります。それまでは視野が悪い可能性があるため運転しないでください。その他危険な作業への従事も同様となります。

脱脂CRF法の術後経過の一例です。術後経過には個人差があります。

脱脂CRF法 術後経過 CASE1 40代女性 術前|名古屋【エースクリニック】

術前

脱脂CRF法 術後経過 CASE1 40代女性 術直後|名古屋【エースクリニック】

術直後

脱脂CRF法 術後経過 CASE1 40代女性 手術翌日|名古屋【エースクリニック】

翌日

脱脂CRF法 術後経過 CASE1 40代女性 手術3日後|名古屋【エースクリニック】

3日後

脱脂CRF法 術後経過 CASE1 40代女性 手術7日後|名古屋【エースクリニック】

1週間後

脱脂CRF法 術後経過 CASE1 40代女性 手術1ヶ月後|名古屋【エースクリニック】

1ヶ月後

施術のリスク・副作用:皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。 施術の総額費用(税込):660,000円

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

脂肪採取:約30分
下まぶたの脱脂:約30分
脂肪注入(マイクロCRF):約30分
で合計約2時間。

麻酔 point.2 | 麻酔

点眼麻酔、局所麻酔。笑気麻酔や静脈麻酔を併用することも可能です(別料金)。

施術後の診察 point.3 | 施術後の診察

1週間後に脂肪採取部位の抜糸、1ヵ月後、3ヵ月後に適宜診察を行います。

メリット point.4 | メリット

結膜側を切るので皮膚に傷ができません。

デメリット point.5 | デメリット

脂肪の定着に個人差があるため、脂肪の定着が不良の場合、物足りない結果となる可能性があります。

注意点 point.6 | 注意点

特に中顔面のボリュームが少ない方におすすめの施術です。

リスク・副作用

出血・血腫 出血や血液が溜まった場合は処置を行います。
感染・化膿 感染が疑われる場合は抗生剤の投与を行います。
アレルギー・アナフィラキシー 使用する局所麻酔薬や飲み薬に対するアレルギー反応が起こる可能性があります。
しわが増えたと感じる まぶたのたるみが減ると眉毛の位置が下がり、その結果、まぶたのしわが増えることがあります。
脂肪の定着が悪い 注入した脂肪が過度に吸収されて期待された状態にならないことがあります。
しこり形成 注入した脂肪がしこり状になることがあります。
仕上がりの左右差 左右の差が少なくなるように処置をしますが、いくらかの差は生じる可能性があります。
凹凸 期待されたようにふくらまない場合、凹凸が気になることがあります。

施術を受けられない方

下記のような方は施術を受けられませんのでご注意ください。

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 下まぶたに感染性の皮膚疾患のある方
  • 糖尿病で血糖値のコントロールが不良な方
  • 血液の凝固を阻害する薬を服用されている方

脱脂CRF法 のよくある質問

脱脂CRF法とは、下眼瞼脱脂と脂肪注入を組み合わせた手術方法です。下眼瞼の眼窩脂肪を切除し(脱脂)、その下方に太ももなどの他部位から採取した脂肪を注入することで、クマ部分の凹凸を平らにする施術のことです。CRFは"Condense Rich Fat"(コンデンスリッチファット)の略で、通常の脂肪注入よりも脂肪の定着率を高めた手術方法になります。当院では、目の下の脂肪注入には、CRF及びマイクロCRF(CRFの粒子をより細かくしたもの)を使用しています。

患者さんの状態やクマの範囲によりますが、施術時間は2時間~2時間半を想定しています。太ももなどからの脂肪採取に約30分、下まぶたの眼窩脂肪切除に40~50分、脂肪注入に約30分です。

施術は局所麻酔を使用するため、局所麻酔時はちくっとした痛みを多少伴いますが、施術中の痛みはほとんどありません。痛みにご不安な方は静脈麻酔(点滴麻酔)で寝ている間に、手術のほとんどを終えることもできます(別料金)。 術後は腫れなどに伴う痛みが多少あるのが普通ですが、適切なケアと痛み止めの使用で管理できます。

通常、腫れや痛みは1週間~2週間で落ち着くことが多いです。内出血が出た場合は約2週間で自然に引いていきます。大まかに落ち着いた後はゆっくりと回復し、最終的な結果は3ヶ月後に見えてきます。

脱脂CRF法で注入した脂肪は、その全部が定着することはなく、一部は吸収されます。平均的には約7割くらいが残って定着しますが、どれくらい定着するかは個々により差があります。定着した脂肪についてはその効果は長期的に維持されます。

目の下のクマ部分をよく観察したときに、皮膚の余りがあまりなく、かつ、目袋(ふくらみ)と瞼頬溝(へこみ)がある方で、それを改善したいと思っている健康な方であれば治療対象となります。特に中顔面の脂肪の萎縮の強い方は、その部分にしっかり脂肪を注入することでハリのある中顔面とすることができるため、特に効果的です。

局所麻酔の注射の際には少しだけちくっとした痛みを感じますが、強い痛みを感じることはありません。また、手術中は局所麻酔が効いていますので、痛みを感じることはありません。ご安心ください。

脱脂注入法では目の下のふくらみを取る際に切除した眼窩脂肪を細かくカッティングしたものを目の下のクマの部分(くぼんでいる部分)に注入していきます。 これに対して脱脂CRF法は太ももやお腹など別の部位から採取した脂肪をクマの部分に注入していきます。 脱脂注入法では注入できる脂肪の量は採取できた眼窩脂肪の量に左右されますが、脱脂CRF法では多くの脂肪が利用できます。ですので、へこみが少ない方は脱脂注入法、へこみが深い方やへこんでいる部分がより広範囲の方には脱脂CRF法がおすすめです。 また、脱脂CRF法では濃縮した脂肪を使いますので、術後の脂肪の定着率が他の方法よりも高い点が特長です。

脱脂CRF法は術後の腫れや内出血は少なく、お仕事をされている方でも短期のお休みで受けていただくことのできる手術方法です。 腫れはおおむね数日ですが、内出血などがあると若干長引きます。内出血があると引くのに1週間~10日程かかりますので、その間は女性はお化粧でカバーしていただけると思います。男性も事前に男性用ファンデーションを用意しておくと良いでしょう。 ちなみに、弊院では内出血が極力出ないように、様々な工夫をしておりますので、内出血が出る頻度は多くはありません。

脱脂CRF法 名古屋院の料金表

下まぶたのくま・たるみ手術

※料金は税込表示です。

経結膜ハムラ法
通常385,000円
部分モニター327,250円
    
皮切ハムラ法
通常440,000円
部分モニター374,000円
眉毛下切開法
通常330,000円
部分モニター-
下瞼脱脂法
通常220,000円
部分モニター187,000円
下瞼脱脂法+脂肪注入
通常330,000円
部分モニター280,500円
下瞼脱脂法+CRF注入
通常396,000円
部分モニター336,600円
下瞼脱脂法+マイクロCRF注入
通常495,000円
部分モニター420,750円
脂肪注入
通常297,000円
部分モニター
CRF注入
通常330,000円
部分モニター
マイクロCRF注入
通常396,000円
部分モニター
下瞼皮膚切除
通常330,000円
部分モニター280,500円

※静脈麻酔をご希望の場合は別途88,000円(税込)がかかります。
※脂肪の凍結保存(保管期間6カ月)を希望される場合は、別途165,000円がかかります。
※モニター料金については目元の若返り・目の下のクマ治療のモニター募集をご覧ください。

監修ドクターメッセージ

医療法人一美会理事長 竹内孝基

竹内孝基医師(美容外科専門医)

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
(現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院
令和6年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田HEPナビオ院開院

所属学会

日本美容外科学会/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

日本美容外科学会専門医

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医
ボトックスビスタ施注資格/ジュビダームビスタ施注資格

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約