脂肪注入(CRF・マイクロCRF)なら名古屋【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

脂肪注入(CRF・マイクロCRF)

脂肪注入(CRF・マイクロCRF) とは

脂肪注入のイメージ

脂肪注入とは?

脂肪注入とは、脂肪吸引の要領で採取した自身の脂肪を顔や体の特定の部分に注入し、理想的な輪郭やフェイスライン、そしてボディラインを手に入れるための手法です。これにより、自然な仕上がりで美しい輪郭の顔・身体へと整えることが可能です。

脂肪注入をよく行う部位は、顔では額やこめかみ、頬のこけて凹んでいる部分、目の下のクマ等があります。また、体では手やバスト、お尻の形を整えることも可能です。

脂肪注入の目的は、皮下組織のボリュームを増やしたり、目立つ溝をなくすことです。そのような目的で行われる施術は他にもありますが、脂肪注入は、自分自身の脂肪を利用するため、人工的な仕上がりではなく、より自然な外観を目指すことができることが最大の特徴です。

自己脂肪組織は最高のフィラー
自己の脂肪組織は体中に存在するため確保しやすい上、アレルギー反応が起きない、痛みや不快感が最小限に抑えられる、でこぼこしにくい、副作用が少ないなど、数々の利点があります。そのため、脂肪組織は「最高のフィラー」と評価されています。

コンデンスリッチファット

コンデンスリッチファット(CRF)

脂肪注入の魅力は、他の手法(インプラント挿入、ヒアルロン酸注入など)と比べ、異物反応を引き起こさず(=硬さを感じさせない)、触感が自然であり、形成されるラインが滑らかな美しさを実現する点にあります。ただし、その反面で、一部の注入脂肪が吸収されてしまい、期待通りの結果が得られない可能性があることはデメリットとして挙げられます。

このような課題を解決すべく誕生したのが、最先端の脂肪注入術「コンデンスリッチファット(CRF)注入法」です。この革新的な手法を利用することで、脂肪細胞の定着率を大幅に向上させ、石灰化やしこり形成といったリスクを最小限に抑えることが可能となります。

CRFは、特別なシリンジを使用して無菌的に採取された脂肪を遠心分離し、麻酔液や不活性・老化細胞、オイルといった不純物を徹底的に排除します。その結果、CRFはほとんどが脂肪細胞で構成され、注入後の脂肪の定着率の大幅な向上が可能となりました。

コンデンスリッチファットとマイクロコンデンスリッチファットの比較

マイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)

CRF(コンデンスリッチファット)の粒子は、通常の皮下注入においては十分小さく、問題なく使用することができます。しかし、皮膚が薄い部分に注入する際には、その粒子が比較的大きな脂肪塊の状態なため、顔の細かな溝や目の下のクマへの適用にはやや不向きと言えます。

ここで登場するのが「マイクロCRF」です。これはCRFを、専用の機器を使用することで細胞が破壊されないレベルまで微細に砕き、細いカニューレで繊細に注入可能なジェル状にしたものを指します。これにより、粒子の細かいヒアルロン酸のように繊細な注入が可能となり、高い定着率を保つという特徴を持っています。

マイクロCRFは、一層微細な脂肪注入を可能にする技術であり、その技術を通じて、より繊細な美しさを手に入れることが可能となります。

脂肪注入(CRF・マイクロCRF) が適している方

  • 顔をふっくらさせて若返りたい方
  • 額を丸くしたい方
  • こめかみのくぼみが気になる方
  • 頬のコケが気になる方
  • 目の下のクマが気になる方
  • ゴルゴ線が気になる方
  • ほうれい線やマリオネットラインが気になる方
  • ヒアルロン酸などのフィラーよりも自然な仕上がりを求める方
  • 手の甲をふっくらさせたい方

脂肪注入(CRF・マイクロCRF) の特長

コンデンスリッチファットの高い定着率

高い定着率

脂肪注入は比較的古くから行われている手法であり、その方法にはいくつかの種類が存在します。しかしながら、多くの施設では、単純に採取した脂肪を注入するだけの方法が用いられています。これでは注入物に不純物(麻酔液・血液・オイルなど)が多く含まれているため、定着率が非常に低くなりがちです。これに対し、コンデンスリッチファット(CRF)注入法では、吸収されてしまう無駄な成分をあらかじめ取り除くことで、高い定着率を実現し、確かなボリュームアップを可能にします。

01

エースクリニック名古屋院はCRFの正規認可機関です。

高い安全性

脂肪注入は、インプラントのような人工物を体内に入れる場合と比べて、異物反応のリスクが低く、触感や外観も自然です。一方で、従来の脂肪注入法では、注入した脂肪が壊死することで生じる石灰化・しこりの形成リスクも存在しました。しかしながら、CRF注入法では、濃縮技術によって壊死の可能性がある細胞をあらかじめ除去し、健康な脂肪のみを無菌状態で注入します。これにより、前述のようなリスクが大幅に減少します。
※エースクリニック名古屋院は日本医療脂肪幹細胞研究会(CRF協会)より 正式認可を受けた施設です。正規プロセスを遵守してCRFの作成を行っています。

02

マCRFは微細な注入が可能

繊細な調整が可能

コンデンスリッチファット(CRF)注入法は脂肪の粒子が均一であるため、微細な調整や造形が可能です。また、マイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)ならば、皮膚が薄い目の周囲へも滑らかで自然な仕上がりを実現することができます。

03

エースクリニック名古屋院が
脂肪注入(CRF・マイクロCRF)で選ばれる理由

マフトガンを使用

エースクリニック名古屋院では、脂肪注入術にMAFTガン(マフトガン)を活用しております。これは、脂肪移植に新しい可能性を開く、先端技術のリポグラフト装置となります。

脂肪注入の効果を最大限に引き出すには、均一な注入技術が重要なキーポイントとなります。一般的に、脂肪注入は医師の経験と手の感覚に頼りますが、その結果、脂肪の生着率は50%以下とも言われています。さらに、手作業による微妙なばらつきから石灰化、しこり、壊死、表面の凹凸といった問題が生じる可能性もあります。

これに対し、脂肪注入術の世界的な権威であるTsai-Ming Lin医師が開発したMAFTガンは、精度と緻密さを備えた画期的な装置です。これにより、微量かつ一定の脂肪を正確に注入でき、定着率を高めるだけでなく、合併症のリスクも低減します。自然で美しい仕上がりを求める方々にとって、MAFTガンの導入は、安心と信頼の証と言えるでしょう。

MAFTガン(マフトガン)

Reason.01

痛みへの徹底的に配慮

当院では脂肪注入術を極力痛みなく快適に受けていただけるよう、笑気麻酔、静脈麻酔、エクスパレル麻酔のオプション麻酔をご用意しています。これらをご利用いただくことにより、痛みを最小限に快適に施術を受けていただくことができます。

エクスパレル

Reason.02

脂肪注入(CRF・マイクロCRF) の比較

ヒアルロン酸注入 従来の脂肪注入 CRF マイクロCRF
治療の概要 注射針、カニューレを
使用して
ヒアルロン酸を
注入する。
吸引した
自分の脂肪を
そのまま
注入する。
採取した脂肪を
遠心分離し、
不純物を排した状態で
注入する。
CRFを
細かく
カッティングし
作成する。
メリット 注射のみで
手軽にできる。
何度も
繰り返す
必要がない。
何度も
繰り返す
必要がない
皮膚の薄い
目周りにも
繊細に
注入できる。
デメリット 徐々に吸収されて
なくなる。
定着率が低い。
しこりができやすい。
高価 作成過程での
脂肪のロスが
大きい。
定着率 50%未満 平均80% 平均80%
効果の持続期間 いずれ吸収されて
なくなる。
(半年~2年)
長い 長い 長い
施術時間 約10分 脂肪採取:約30分
脂肪注入:約30分
脂肪採取:約30分
脂肪加工:約30分
脂肪注入:約30分
脂肪採取:約30分
脂肪加工:約30分
脂肪注入:約30分
注入する脂肪の質 不純物を多く含む。
(麻酔液、血液、オイル、
死活細胞、老化細胞など)
濃縮された
健全な
脂肪細胞
(CRF)
細かく
カッティングされた
脂肪
(マイクロCRF)

脂肪注入(CRF・マイクロCRF) の施術の流れ

診察・カウンセリング

経験豊富な医師が患者様の状態を診察いたします。どのようになりたいのか、ご希望をお聞かせください。ご要望を踏まえた上で、どの部位に脂肪注入すると最適かをプランニングします。脂肪注入では脂肪の採取も必要となりますので、脂肪の採取部位も併せて診察させていただきます。
脂肪注入はエースクリニックで大変数多く行っている手術ですが、術前の注意点がいくつかございます。併せてリスクの説明などもさせていただきます。しっかりと聞いて理解ご納得の上手術を受けてください。予算等も遠慮なくご相談ください。

芹澤医師カウンセリング

ご契約・施術日のご予約

医師の説明にご納得いただき手術をご希望となった場合、手術日時をご予約いただきます。(診察を行っていない段階での手術のご予約はお取りできません。)
また、術前血液検査も行っていただきます。

受付_契約【エースクリニック】名古屋院

静脈麻酔

ご希望の方には静脈麻酔をオプションで行うことで、手術のほとんどを無痛で行うことができます。
麻酔のオプションには他に、笑気麻酔、エクスパレル麻酔(長時間作用型局所麻酔)のご用意がございます。

静脈麻酔

施術① 専用シリンジで脂肪を採取

CRF(コンデンスリッチファット)用の専用シリンジを用いて外気に触れない無菌状態で脂肪を採取します。
脂肪採取部位は、女性の場合は太ももの内側や外側、下腹部が多く、男性の場合は腰や下腹部が多いです。

脂肪注入|脂肪の採取

施術② 採取した脂肪を遠心分離

採取した脂肪が入っているシリンジをFDA認可の専用機器LIPOMAX-SCにセットし、遠心分離します。

脂肪注入の遠心分離

施術③ CRF(コンデンスリッチファット)を作成

遠心分離すると、排泄オイル(=トリグリセライド(死活・老化細胞))、脂肪、血液や細胞膜などの不純物の三層に分かれます。三層に分かれたうちの、上の排泄オイルと下の不純物とを廃棄し、純粋な脂肪細胞のみをシリンジ内に残します。これでCRF(コンデンスリッチファット)が作成されます。
※目の周りに注入する場合は、マイクロCRFも同時に作成します。

脂肪注入|コンデンスリッチファットの作成

施術④ CRFを注入

作成したCRFを膨らませたい部位(額・こめかみ・頬・下まぶた・ほうれい線・マリオネットラインなど)に注入します。
注入に際してはマフトガンを使用します。
※目の周りに注入する場合は、マイクロCRFも注入します。

脂肪注入|CRFの注入

ご帰宅

ご帰宅時、注入部位はいくらか腫れていますが、ご自身の足でお帰りいただけます。
まぶたの腫れ具合によっては視野が悪いこともありますので、徒歩、公共交通機関、タクシー、ご家族の方の運転によるお車のいずれかでご帰宅ください。

ご帰宅

再診

術後の状態を確認、場合によっては処置するために術後再度診察を行います。
術後の過ごし方等ご不明点・ご不安な点は何でもご相談ください。

医師カウンセリング

脂肪注入(CRF・マイクロCRF) 名古屋院の症例紹介

脂肪注入(顔)

脂肪注入(額・こめかみ・目の下・頬・ほうれい線)​

しわたるみ治療脂肪注入‗顔症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

しわたるみ治療脂肪注入‗顔症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (1)

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)660,000円

脂肪注入(顔)

脂肪注入(額・こめかみ・目の下・頬・ほうれい線)​

しわたるみ治療脂肪注入‗顔症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (3)

しわたるみ治療脂肪注入‗顔症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (2)

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)660,000円

脂肪注入(顔)

脂肪注入(額・こめかみ・頬)

額・こめかみ・頬の脂肪注入 術前 正面

額・こめかみ・頬の脂肪注入 術後 正面

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)660,000円

脂肪注入(顔)

脂肪注入(額・こめかみ・頬)

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)660,000円

脂肪注入(顔)

脂肪注入(額・こめかみ・頬)

担当医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)脂肪注入(額・こめかみ・頬 ) 660,000円
脂肪注入(ほうれい線) +110,000円

脂肪注入(手・身体・その他)

脂肪注入(手)

脂肪注入‗手症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

脂肪注入‗手症例_【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院 (1)

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)脂肪採取:275,000円
脂肪注入(手の甲):275,000円

脂肪注入(顔)

脂肪注入(額・こめかみ・頬)

額・こめかみ・頬の脂肪注入 術前 正面

額・こめかみ・頬の脂肪注入 術後 正面

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)660,000円

脂肪注入(顔)

脂肪注入(額)

担当医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)660,000円

脂肪注入(顔)

脂肪注入(額)​ 

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)550,000円

その他の症例を見る

術後経過と日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

腫れ腫れ

1週間程度。強い腫れは稀です。

内出血内出血

あった場合は約2週間で自然に引きます。

洗顔・お化粧洗顔・お化粧

翌日より可能です。

シャワー・入浴・サウナシャワー・入浴・サウナ

翌日より可能です。

車・自転車の運転車・自転車の運転

脂肪採取部位の痛みが強い間は避けてください。

運動運動

激しい運動は術後2週間控えてください。

飲酒飲酒

腫れていると感じる間は控えてください。

喫煙喫煙

脂肪の定着率を下げる恐れがあるため、手術前後の1ヶ月間の禁煙をおすすめします。

額・こめかみ・頬の脂肪注入の経過の1例

額・こめかみ・頬の脂肪注入 CASE2 術前|名古屋【エースクリニック】

術前

額・こめかみ・頬の脂肪注入 CASE2 術直後|名古屋【エースクリニック】

術直後

額・こめかみ・頬の脂肪注入 CASE2 術翌日|名古屋【エースクリニック】

翌日

額・こめかみ・頬の脂肪注入 CASE2 術1週間後|名古屋【エースクリニック】

1週間後

2週間後

額・こめかみ・頬の脂肪注入 CASE2 術後|名古屋【エースクリニック】

1ヶ月後

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

脂肪の採取に約30分。
脂肪の加工(CRF作成・マイクロCRF作成)に約30分。
脂肪の注入に約30分。
合計で1時間半~2時間。

麻酔 point.2 | 麻酔

局所麻酔で行います。
笑気麻酔、静脈麻酔、エクスパレル麻酔(長時間持続型の局所麻酔)をオプションでつけることができます。

痛み point.3 | 痛み

脂肪採取:局所麻酔時の痛みが多少あります。(オプションの麻酔をつけると無痛です。)
脂肪注入:局所麻酔やブロック麻酔を併用するため、痛みは最小限です。

施術後の診察 point.4 | 施術後の診察

以下のタイミングで診察を設けています。
1週間後:脂肪採取部位の抜糸
1ヶ月後:状態のチェック(中間)
3ヶ月後:状態のチェック(最終)

メリット point.5 | メリット

異物を使用せず、ご自身の組織でボリュームアップできます。
注入した脂肪に対してアレルギー反応が生じることがありません。

デメリット point.6 | デメリット

注入した脂肪の定着量を正確に予測することができません。
そのため、人によってはかなり吸収されてしまったと感じる場合があります。

注意点 point.7 | 注意点

注入後3ヶ月間は、注入部位の強いマッサージや圧迫を避けてください。
特にうつぶせ寝などはしないようにしてください。

リスク・副作用

出血・血腫 出血や血液が溜まった場合は処置を行います。(脂肪採取部位)
感染・化膿 感染が疑われる場合は抗生剤の投与を行います。
アレルギー・アナフィラキシー 使用する局所麻酔薬や飲み薬に対するアレルギー反応が起こる可能性があります。
脂肪の定着が悪い 注入した脂肪が過度に吸収されて期待された状態にならないことがあります。
しこり形成 注入した脂肪がしこり状になることがあります。
仕上がりの左右差 左右の差が少なくなるように処置をしますが、いくらかの差は生じる可能性があります。
血管閉塞 注入する脂肪により血管が外部より圧迫されたり、注入脂肪が血管内に入り、血管閉塞を起こす可能性があります。これを極力避けるために過度の量を注入しない、注入時には先端のとがった針ではなく鈍的なカニューレを使用するなどの措置を講じています。

施術を受けられない方

下記のような方は施術を受けられませんのでご注意ください。

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 施術希望部位に感染性の皮膚疾患のある方
  • 脂肪の極端に少ない方

脂肪注入(CRF・マイクロCRF) のよくある質問

脂肪注入とは、患者様自身の体から脂肪吸引の要領で脂肪を採取し、それを加工・清浄化した上で、顔や手、胸、お尻などのパーツに注入する美容手術の一つです。ご自身の細胞を使用するため、アレルギー反応が起きにくく、滑らかな仕上がりが得やすいという特徴があります。

コンデンスリッチファット法(CRF法)は、従来の脂肪注入の方法を欠点を克服すべく進化させた新しい技術です。この方法では、吸引した脂肪を遠心分離することで、麻酔液、血液、オイルなどの不純物をあらかじめ取り除きます。これにより濃縮した高品質の脂肪細胞を得ることが可能です。結果、脂肪の定着率が向上し、しこり形成などが生じる可能性を抑え、より自然で均一な形態が得られます。

CRF法は、採取した脂肪を遠心分離し不純物を徹底的に除去します。これにより、注入する脂肪細胞の数を最大化し、不純物を最小化することができ、より高品質な脂肪を注入することが可能です。そうすることで、注入した脂肪の定着率向上が期待できます。また、注入する脂肪が純粋なため、しこり形成、不自然な感触や外観といった合併症のリスクも減少します。

マイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)は、コンデンスリッチファット(CRF)をより細かくしたものです。具体的には、アディナイザーという特殊なカッターを使用し、CRFを細かくカッティングします。さらに遠心分離し、オイルや不活性化された脂肪細胞を除去して、得られる脂肪がマイクロCRFです。マイクロCRFの粒子はCRFの粒子よりかなり小さいため、目の周りなどの皮膚の薄い部位に使用してもデコボコしにくいという特性があります。

脂肪注入は顔や体のボリュームを増やしたり、凹みやしわを埋めたり、輪郭を整えたりする効果があります。このような目的で使用されるフィラーは他にもありますが、脂肪を使用した場合は、異物反応が起きない、凸凹が生じにくいという特性があります。

脂肪の採取に約30分、脂肪の加工(コンデンスリッチファット作成)に約30分、脂肪の注入に約30分かかります。一連の流れを考えると、脂肪注入の施術全体ではおおよそ1時間半~2時間半かかります。ただし、施術箇所や脂肪の採取量により、時間は前後します。

脂肪注入の全工程を通じて、強い痛みを感じることはほとんどありませんが、以下を参考にしてください。 脂肪採取では、脂肪採取部位に局所麻酔を行いますので、採取中はほとんど痛みはありません。局所麻酔時にいくらかの痛みを感じますが強い痛みであることは稀です。 脂肪注入時も、同様に、局所麻酔やブロック麻酔を適宜組み合わせますので、痛みはほとんどありませんが、局所麻酔時にいくらかの痛みを感じます。 施術を通じて、静脈麻酔等のオプション麻酔を使用すると、ほぼ無痛で行えますので、より快適な施術をお考えの方はご検討されるとよいでしょう。 施術後に局所麻酔が切れてくると、脂肪採取部位は一時的な腫れや痛みが生じます。通常は、処方される痛み止めで自制内ですが、エクスパレル麻酔(長時間作用型局所麻酔薬)を使用すると、より痛みを抑えられます。

脂肪注入のダウンタイムは、施術箇所や施術の範囲にもよりますが、通常は数日から1週間とされています。施術直後は腫れや内出血が見られることがありますが、これらは徐々に改善します。

一般的に脂肪注入の効果は半永久的とされますが、注意点があります。 まず、脂肪は体重の増減により容量が変化するため、体重の変動や加齢により脂肪細胞は変化します。 また、注入した脂肪の一部は定着せずに体内で吸収されてしまうため、最善の結果を得るためには複数回の施術が必要となることがあります。

脂肪注入は手術ですので、出血・血腫、感染、腫れ、内出血、痛みなど一般的な手術リスクがあります。また、脂肪が過度に吸収されることによる定着不良、定着の不均一、しこり形成といった問題が生じる可能性があります。当院ではこれらのリスクを最小化すべく、コンデンスリッチファット法、MAFTガンといった最新の脂肪注入技術を導入しております。

脂肪注入(CRF・マイクロCRF) 名古屋院の料金表

脂肪注入(CRF・マイクロCRF)

※料金は税込表示です。

脂肪採取及びCRF作製料
通常275,000円
脂肪採取及びマイクロCRF作製料
通常275,000円

注入部位ごとの注入料

通常275,000円
こめかみ
通常220,000円
頬のこけ
通常220,000円
目の下
通常275,000円
ゴルゴ線
通常110,000円
ほうれい線
通常110,000円
マリオネットライン
通常110,000円
手の甲
通常275,000円
セット割 額(脂肪採取およびCRF作製料込)
通常495,000円
部分モニター346,500円
セット割 額・こめかみ・頬(脂肪採取およびCRF作製料込)
通常660,000円
部分モニター462,000円

※例えばこめかみに注入する場合は、275,000円(脂肪採取料・マイクロCRF作製料)+220,000円(こめかみの注入料)=495,000円となります。
※静脈麻酔を希望される場合は+88,000円となります。
※脂肪の凍結保存(6ヶ月)を希望される場合の脂肪凍結保存料金は165,000円となります。
※1年以内の再注入をされる際の注入料は半額となります。

監修ドクターメッセージ

名古屋院院長 竹内 孝基

理事長 竹内 孝基

エースクリニック名古屋院の脂肪注入ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

脂肪注入は美容施術の中でも比較的長い歴史を持つ方法です。自身の組織を使用するため、アレルギー反応が生じにくく、滑らかな仕上がりを得られます。しかし一方で、従来の方法では結果にばらつきが生じやすく、しこりの形成などの問題点もありました。

私たちはこれらの課題を解決するため、コンデンスリッチファット法やMAFTガンといった最新の脂肪注入技術を導入しました。コンデンスリッチファット法は、採取した脂肪から不純物を徹底的に除去し、高品質な脂肪細胞を作成します。そして、MAFTガンは微細な量の脂肪を均一かつ正確に注入することを可能にする革新的な技術です。これらの技術の導入により、脂肪注入における一貫性と正確さが向上し、安全性と結果の予測性が格段に進化しました。

これらの先端技術を活用して、皆さま一人ひとりのご要望に応えた、最良の治療を提供できると確信しています。私たちは、皆さまの美と健康を追求するため、常に最新の医療技術と専門知識を駆使し、最高品質の治療を提供することをお約束します。皆さまと共に、より美しく健康な未来を築いていきましょう。

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院

所属学会

日本美容外科学会 専門医/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約