くぼみ目治療|名古屋【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

くぼみ目治療

くぼみ目治療 とは

img_kubomime_01

くぼみ目とは?

一般的に、上まぶたがくぼんでいる状態を「くぼみ目」と言います。上まぶたがくぼんでいると、疲れて見えたり老けて見られたりすることがあります。また、くぼみが深い場合は目を開けにくくなり、疲れやすくなって日常生活に支障をきたすこともあります。例えば、頭痛や肩こりの原因になることがあり、額や眉間の深いしわの原因にもなります。

上まぶたのくぼみは、
(1)単に上まぶたの脂肪が減ってくぼんでいる場合
(2)眼瞼下垂に伴ってくぼんでいる場合
(3)眉毛挙上によりくぼむ場合
があります。

(1)頭蓋骨には眼窩と呼ばれる穴があり、ここに眼球が入り、周囲を眼窩脂肪がクッションとして覆っています。年齢とともに眼窩脂肪は減少するため、眼窩全体が落ちくぼんでくることがあります。その一つの症状として、上まぶたがくぼんできます。目尻や目頭、下まぶたもくぼんでいることがありますが、特に上まぶたのくぼみが目立つため、「くぼみ目」と言うと上まぶたのくぼみを指すことが多いようです。

(2)一方、眼瞼下垂の場合は、まぶたの脂肪がまぶたの奥に引き込まれてしまうため、くぼみ目になります。さらに、額の筋肉を使ってまぶたを開けようとして眉毛を挙げることになります。このため、まぶたはよりくぼみやすくなります。

(3)眉毛挙上により、眉下から二重までの距離が延び、単位面積当たりの組織の量が減るため、くぼんで見えやすくなります。これは眼瞼下垂の一症状として見られる場合もありますが、単にクセで眉毛を挙げているという場合もあります。

くぼみ目【エースクリニック】

どのようにしてくぼみ目を改善させるか?

どのようにしてくぼみ目を改善させるか?
くぼみ目を改善させるためには以下の戦略が考えられます。
(1)くぼんでいる部分に何かを注入してふくらませる。
(2)くぼみ目が眼瞼下垂症の一症状として出ている場合は、眼瞼下垂症の治療を行う。
(3)眼瞼下垂がなく眉毛挙上がある場合は、眉毛挙上を抑える治療を行う。

(1)何かを入れてふくらませる場合、ヒアルロン酸か脂肪を使用します。また、眼瞼下垂がある場合、何かを注入することで余計に目が開きにくくなる可能性があるため、注意が必要です。

(2)眼瞼下垂によりくぼみ目が生じているケースは比較的多いようです。目を開けるときに眼窩脂肪が眼窩の奥に引き込まれるため、くぼみ目が生じます。この場合は、当然眼瞼下垂の治療を行わなければなりません。

(3)眉毛挙上を抑えるとくぼみ目が改善するケースも意外と多いようです。このような場合は、額、眉間、目尻にボトックス注射を行うと良いでしょう。

くぼみ目治療 の術式

注入による治療方法

ヒアルロン酸注入


ヒアルロン酸は皮膚の重要な構成成分の一つです。くぼんでいる部分に注入し、皮膚を下から持ち上げることでくぼみ目を改善します。注射したヒアルロン酸は徐々に分解吸収されるため、定期的な注射により効果が維持されます。

ヒアルロン酸注入の詳細はこちら



脂肪注入


脂肪の減少によりくぼみ目になるので、脂肪を注入するのが最も理にかなっています。
眼の周囲は皮膚が大変薄い部位なので、ごく細い針でも注入できるようにジェル状に加工したマイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)なら仕上がりがデコボコすることなく表面が滑らかな仕上がりになります。

脂肪注入(CRF・マイクロCRF)の詳細はこちら



ボトックス注射


眉毛の挙上により上まぶたがくぼんでいる場合はボトックス注射を試してみると良いでしょう。ボトックスを額に注射することで眉毛の挙上を抑えられます。同時に眉間や目尻に注射することで眉毛の形状のバランスが取りやすくなるためおすすめです。

ボトックス注射の詳細はこちら


脂肪注入のイメージ

手術による治療方法

眼瞼下垂症手術



くぼみ目が眼瞼下垂症の一症状として現われているケースは実は結構多いです。目を開けるときに眼窩脂肪が筋肉と一緒に眼窩の奥に引き込まれてしまうことが原因です。また、眼瞼下垂があると眉毛を挙上するため、それによっても上まぶたがくぼみやすくなります。このような場合は眼瞼下垂症の治療を行うと良いでしょう。

手術【エースクリニック】名古屋院

くぼみ目治療 の比較

ヒアルロン酸注入 脂肪注入    ボトックス注射             眼瞼下垂手術
特長 無色透明なヒアルロン酸製剤を注入してボリュームアップ 濃縮しジェル状に加工した脂肪を注入 眉毛の挙上を抑える まぶたの開きを改善する
ダウンタイム 内出血があると引くのに2~3週間かかる。 内出血があると引くのに2~3週間かかる。 ほぼなし 通常2から週間
メリット 注入するだけの簡単な施術 定着した脂肪により長期にわたり効果が持続。 数分で終わる手軽な施術 まぶたが開きやすくなり、肩こり・頭痛が改善することも多い
デメリット 効果の持続がやや短い 脂肪を採取する手間がかかる(30分程) 効果の持続は3~6ヶ月 手術なのでダウンタイムがやや長い

くぼみ目治療 名古屋院の症例紹介

その他の症例を見る

くぼみ目治療 のよくある質問

ヒアルロン酸注入はヒアルロン酸製剤を注入するだけなので、一番簡単な治療です。 また、眉毛挙上のクセのある方は額や眉間、目尻などにボトックス注射をすると効果的なこともあります。 いずれもダウンタイムはほとんどない治療なのでお手軽な施術です。 ただし、くぼみ目治療では眼瞼下垂がないかどうかが重要な治療法選択のポイントになります。眼瞼下垂治療が可能な医師にご相談されると良いでしょう。

例えば、ヒアルロン酸注入脂肪注入であれば、上まぶたに注入すると同時にこめかみや頬のこけている部分に注入することができます。 しかし、ひどく上まぶたがくぼんでいる場合は、眼瞼下垂があるかもしれません。その場合は眼瞼下垂治療を行うのが良いでしょう。

監修ドクターメッセージ

医療法人一美会理事長 竹内孝基

竹内孝基医師(美容外科専門医)

くぼみ目は特に女性に多いお悩みの一つです。くぼみに対してヒアルロン酸注入など、くぼみをふくらませる治療を行うことが多いのですが、一方、眼瞼下垂が原因で上まぶたがくぼんでいる人も実は多いのです。そのような場合は注入治療ではなく、眼瞼下垂治療が最も良いでしょう。くぼみ目治療は眼瞼下垂治療を行っているクリニックにご相談されることをオススメする理由です。

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
(現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院
令和6年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田HEPナビオ院開院

所属学会

日本美容外科学会/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

日本美容外科学会専門医

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医
ボトックスビスタ施注資格/ジュビダームビスタ施注資格

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約