脂肪豊胸(コンデンスリッチファット豊胸)なら名古屋【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

脂肪豊胸

脂肪豊胸 とは

豊かなバスト

脂肪豊胸:安全・自然なバストアップ

脂肪豊胸は、ご自身の脂肪を利用して自然なバストアップを実現する施術です。自分の組織だけを使用することで、自然な形と感触を持ちつつ、異物反応やメンテナンスの心配が不要な点が大きなメリットとなります。

脂肪を遠心分離にかけた後の状態(コンデンスリッチファット)

「コンデンスリッチ豊胸」当院が採用する脂肪豊胸術

従来の脂肪豊胸法には脂肪の定着率の問題やしこり形成の問題がありましたが、これらの問題を解決する新たな方法として「コンデンスリッチ豊胸」が開発されました。この方法では、脂肪吸引で採取した脂肪を極力空気に触れさせることなく遠心分離し、しこりの原因となる死活細胞や不純物を徹底除去。良質な脂肪細胞だけを濃縮(コンデンス)し、注入します。これにより高い定着率を実現し、しこりも生じにくくなります。

エースクリニック名古屋院はコンデンスリッチファット協会正規認可機関です

コンデンスリッチ協会認可施設で安心の施術

類似サービスにご注意ください
エースクリニック名古屋院は、コンデンスリッチファット協会から正式な認可を受けた施設です。類似サービスを提供している他のクリニックとは異なり、正しい機器と技術を使用してコンデンスリッチファット(CRF)を正確に抽出・注入します。「遠心分離」や「脂肪の凝縮」「コンデンス」といった表現を用いて、誤った方法で施術を行っているクリニックも存在しますので、ご注意ください。施設がCRF協会に認可されているかどうかは、協会の公式ウェブサイトでご確認いただけます。

脂肪豊胸 の特長

良い結果に喜ぶ女性

脂肪の定着量が大幅にアップ

ただ採取した脂肪を単純に注入する方法と比較した場合は当然のこと、これまで最も良いと言われていた脂肪幹細胞注入をも大きく上回る脂肪定着量を実現しました。これまで脂肪注入術は主に定着率で比較されてきました。例えば、「通常の脂肪注入の定着率は約20~30%」、「脂肪幹細胞注入の定着率は80%」というように。
しかし、脂肪幹細胞注入では採取した脂肪の半分は幹細胞抽出のために使用されるため、注入に使用できる脂肪はそもそも半分しかありません。その結果採取した半分の脂肪が無駄になるため、定着率が良くても定着量は多くはありませんでした。コンデンスリッチファット(CRF)注入では、無駄になる脂肪がない上、定着率も高く、脂肪幹細胞注入を大きく上回る脂肪定着量を実現しています。

01

コンデンスリッチファットを作成するナース

脂肪注入に伴うリスクを回避

脂肪注入は、インプラントなどの人工物を体内に入れる場合と比べ、異物反応のリスクが少なく、触った感じや見た目が自然です。一方、従来の脂肪注入では、注入した脂肪が壊死したり、石灰化やしこりを形成するリスクを伴う、という事実も存在しました。それに対して、コンデンスリッチファット(CRF)注入は、コンデンス(濃縮)技術によって壊死する可能性のある死活・老化細胞を取り除いて健全な脂肪のみを無菌状態で注入するため、そのようなリスクが回避されています。

02

快適な女性

身体への負担を軽減

今まで脂肪注入の最高峰といわれていた脂肪幹細胞注入は、脂肪の採取から幹細胞を抽出し注入するまで最低でも6時間、長いと半日かかっていました。そのため、長時間の麻酔や、場合によっては脂肪採取時と注入時の計2回麻酔が必要で、体への負担が大きかったのです。対して、コンデンスリッチファット(CRF)注入は、短時間で脂肪をコンデンス(濃縮)出来る特殊な機械を用いる為、約2時間半で手術を終える事が可能で、体への負担が大幅に軽減されています。

03

脂肪豊胸 の施術の流れ

カウンセリング

経験豊富な医師が患者様の状態を診察いたします。遠慮なくご要望をお聞かせください。
脂肪豊胸術では、ご自身の脂肪を利用するという都合上、どのくらい脂肪が取れるのかといった点も重要になります。そのため、脂肪の採取部位も併せて診察させていただきます。
脂肪豊胸術には術前の注意点がいくつかございます。併せてリスクの説明などもさせていただきます。しっかりと聞いて理解ご納得の上手術を受けてください。

診察・カウンセリング

ご契約・施術日のご予約

医師の説明にご納得いただき手術をご希望となった場合、手術日時をご予約いただきます。診察を行っていない段階での手術のご予約はお取りできません。
また、術前血液検査も行っていただきます。

手術のご予約

脂肪採取

コンデンスリッチファット用の専用シリンジを用いて脂肪吸引を行い、外気に触れないまま無菌状態で脂肪を採取します。

脂肪吸引の方法について詳しくはこちらへ

マイクロCRF 脂肪採取の様子-300x199

採取した脂肪を遠心分離

採取したシリンジを専用遠心分離機器にセットし、無菌的操作にて遠心分離します。

脂肪注入の遠心分離

CRF(コンデンスリッチファット)を作成

遠心分離すると、排泄オイル(=トリグリセライド(死活・老化細胞))、脂肪、血液や細胞膜などの不純物の三層に分かれます。三層に分かれたうちの、上の排泄オイルと下の不純物とを廃棄し、純粋な脂肪細胞のみをシリンジ内に残します。これでCRF(コンデンスリッチファット)が作成されます。脂肪の定着率を高めるにはこの操作が必要となります。

コンデンスリッチファットを作成するナース

コンデンスリッチファットを注入

シリンジ内に残った脂肪がコンデンスリッチファット(濃縮脂肪)です。これをバストに3層(大胸筋下、乳腺下、皮下)に分けて注入していきます。定着率を高めるため、大きなしこりの形成を避けるため、細かく多層に分けて注入していきます。

作成された大量のコンデンスリッチファット

ご帰宅

手術が終了してからしばらくお休みいただいた後、ご自身の足でお帰りいただけます。
静脈麻酔を受けた日はご自身で運転することはできませんので、徒歩、公共交通機関、タクシー、他の方が運転するお車のいずれかでご帰宅ください。

ご帰宅

再診

術後の状態を確認、場合によっては処置するために術後再度診察を行います。
術後の過ごし方等ご不明点・ご不安な点は何でもご相談ください。

診察・カウンセリング

脂肪豊胸 名古屋院の症例紹介

豊胸・バスト コンデンスリッチ豊胸

担当医師名古屋院院長 浅井 裕子 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)770,000円

豊胸・バスト コンデンスリッチ豊胸

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。
腫脹、浮腫、疼痛、皮下出血、出血、血腫、感染・化膿、蜂窩織炎、知覚鈍麻、色素沈着、肥厚性瘢痕、しこり形成、ツッパリ感、皮膚表面の凹凸・陥凹、シワ、仕上がりの左右差等

施術の総額費用(税込)770,000円

豊胸・バスト コンデンスリッチ豊胸

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 腫脹、浮腫、疼痛、皮下出血、出血、血腫、感染・化膿、蜂窩織炎、知覚鈍麻、色素沈着、肥厚性瘢痕、しこり形成、ツッパリ感、皮膚表面の凹凸・陥凹、シワ、仕上がりの左右差等
皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)770,000円

豊胸・バスト コンデンスリッチ豊胸

担当医師名古屋院院長 浅井 裕子 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)770,000円

豊胸・バスト コンデンスリッチ豊胸

担当医師アネックス院院長 芹澤 快 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)770,000円

豊胸・バスト コンデンスリッチ豊胸

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)1,138,500円

豊胸・バスト コンデンスリッチ豊胸

担当医師理事長 竹内 孝基 医師

施術のリスク/副作用 皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

施術の総額費用(税込)1,138,500円

その他の症例を見る

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

約3時間。
脂肪吸引の時間(約2時間)+脂肪注入の時間(約1時間)です。

麻酔 point.2 | 麻酔

静脈麻酔+局所麻酔のため、手術中はほとんど痛みを感じません。

痛み point.3 | 痛み

手術中は静脈麻酔により痛みはほぼありません。
術後の痛みですが、
脂肪吸引部位:手術後数時間より強めの筋肉痛のような痛みが出ます。多くは痛み止めの内服で自制内です。希望により長時間作用型局所麻酔「エクスパレル」をご使用いただくと術後の疼痛の軽減が図れます。
バスト(脂肪注入部位):術後鈍痛がありますが、強い痛みであることは稀です。

施術後の診察 point.4 | 施術後の診察

翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後

メリット point.5 | メリット

自然なバストアップが可能です。
ご自身の脂肪を利用しているので、アレルギーなどの心配がありません。

デメリット point.6 | デメリット

痩せていて脂肪が採れない方は手術を行うことができません。
バッグ豊胸に比べると、得られる大きさは控えめになります。
定着不良のリスクがあります。

注意点 point.7 | 注意点

手術後3ヶ月間はうつぶせ寝など、バストを強く圧迫することはしないでください。
スポーツブラなど、固定力の弱いブラジャーを着用してください。

脂肪が採取できれば複数回の手術が可能です。複数回の注入により、より大きなバストを手に入れることが可能です。

リスク・副作用

出血・血腫 出血や血液が溜まった場合は処置を行います。
感染・化膿・蜂窩織炎 感染が疑われる場合は抗生剤の投与を行います。
アレルギー・アナフィラキシー 使用する局所麻酔薬や飲み薬に対するアレルギー反応が起こる可能性があります。
脂肪の定着が悪い 注入した脂肪が過度に吸収されて期待された状態にならないことがあります。
しこり形成 注入した脂肪がしこり状になることがあります。
仕上がりの左右差 左右の差が少なくなるように処置をしますが、いくらかの差は生じる可能性があります。
血管閉塞 注入する脂肪により血管が外部より圧迫されたり、注入脂肪が血管内に入り、血管閉塞を起こす可能性があります。これを極力避けるために過度の量を注入しない、注入時には先端のとがった針ではなく鈍的なカニューレを使用するなどの措置を講じています。

脂肪豊胸 のよくある質問

コンデンスリッチ豊胸は、脂肪吸引で採取した脂肪をなるべく空気に触れさせずに遠心分離し、しこりの原因となる死活細胞や不純物を徹底的に除去し、生きのいい脂肪細胞を濃縮(コンデンス)したコンデンスリッチファット(CRF)のみを注入していきます。その大半が定着するため、効果は非常に長期にわたります。

やはり手術ですので術後全くの無痛ということはありません。 コンデンスリッチ豊胸の施術を受けられた方には術後に鎮痛剤をお渡ししております。 この鎮痛剤の内服で特に問題なくおさまる範囲の痛みであることがほとんどです。

コンデンスリッチ豊胸は、ご自身の脂肪を採取し、コンデンス(濃縮)技術によって壊死する可能性のある死活・老化細胞を取り除いて健全な脂肪のみを無菌状態で注入する為、一番自然な仕上がりになります。 バック豊胸は、痩せていて脂肪が少ない方にお勧めです。

コンデンスリッチ豊胸後のお胸のメンテナンスはほぼ必要ありません。手術後一旦お胸が張った感じや硬さがでますが、お時間の経過で自然と元の状態に戻ります。手術後すぐはあまり強く圧迫すると注入した脂肪細胞の定着が悪くなる可能性があるため、手術後~3ヶ月程度は矯正下着や圧迫の強いブラジャーは控えていただいています。また、脂肪吸引した部位は拘縮と言いまして術後一時的に硬くなります。この間は吸引部位はご自身でマッサージして頂くと良いでしょう。

注入したすべての脂肪が生着するわけではありませんので、生着しなかった脂肪はマクロファージ(白血球の一種/老廃物を取り除く組織)によって吸収され、代謝され、体外へ排泄されます。つまりはどなたにも備わっている人体の機能により除去されるというわけです。従いまして、他の部分に脂肪がつくわけではありません。

1回の手術で満足なさる方が多いと言えますが、より大きくしたい方は2回目の手術も行うことはできます。ただし、再度脂肪を採取しますので採取できる脂肪がある場合に限ります。2回目の手術を行う場合、1回目の手術から半年以上空いていれば可能です。

最終的な定着については個人差もございますが、おおむね3ヵ月程度です。それ以降は長期の維持が期待出来ます。コンデンスリッチファット(CRF)注入では、無駄になる脂肪が少ないため、定着率も高く、脂肪幹細胞注入を上回る脂肪定着量を実現しております。

コンデンスリッチ豊胸では自分の脂肪を使うため、他の豊胸術と比べても最も感触が自然で、元々自分のバストであったような感触です。

従来の脂肪注入法は、採取した脂肪をそのまま注入していたため、定着率が低い、しこりを形成しやすいなどの問題点がありました。コンデンスリッチ豊胸では、採取した脂肪から死活細胞や麻酔液やオイルなどの不純物を取り除き、高い定着率を実現しています。また、しこり形成もほとんど防げるよう になりました。

脂肪を注入する際に何箇所かにごく小さい穴を開けますが、それらは小さいためほとんど傷跡はできませんのでご安心ください。

バッグ豊胸を行った方で、バッグの抜去を検討している方は多くいらっしゃることと思います。バッグの抜去自体はそれほど難しいものではありませんが、抜いた後のバストは長年バッグが入っていたため周囲組織の萎縮が起こっています。しぼんだと感じるだけでなく、えぐれたように感じる方も多いと 思います。この状況を回避するためにコンデンスリッチ豊胸を同時にされると良いでしょう。ただし、大きいバッグが入っていた場合など、抜去前の大きさにはならない場合もあります。

コンデンスリッチ豊胸では脂肪吸引をまず行い、その脂肪をコンデンスした後にバストに注入していきます。従って、脂肪吸引部とバストの両方を手術することになります。バストの痛みは通常軽度の筋肉痛程度です。痛み止めも不要なことが多いです。脂肪吸引部位の痛みはそれよりは少し強い筋肉痛程度のことが多いです。通常は痛み止めを内服することで自制内であることがほとんどです。

コンデンスリッチ豊胸の特徴に脂肪のロスが少ないことが挙げられます。確かに痩せている方は採取できる脂肪に限りがありますが、それを最大限に有効利用できるのが、コンデンスリッチ豊胸です。極端に痩せていて、脂肪が全くないなどの場合はさすがに難しいですが、多少痩せているくらいであれば コンデンスリッチ豊胸が可能なことが多いですので、ご相談ください。

脂肪豊胸 名古屋院の料金表

コンデンスリッチ豊胸

※料金は税込表示です。

コンデンスリッチ豊胸
1回770,000円

※上記は脂肪吸引箇所2部位までの場合の料金です。
※別途、静脈麻酔費用88,000円がかかります。
※別途、脂肪吸引した部位用の圧迫下着をご用意いただくか、お持ちでない場合はご購入いただきます。

圧迫下着

※料金は税込表示です。

圧迫下着
(二の腕・上腕)圧迫ボレロ13,200円
(腹部)ウエストニッパー16,940円
(太もも、臀部、ふくらはぎ)ニーロングガードル23,100円
(ふくらはぎ)着圧ハイソックス5,500円
(太もも、臀部、ふくらはぎ)着圧ストッキング11,000円
(顔)フェイスサポーター4,840円

※上記はいずれも1着の金額です。

監修ドクターメッセージ

医療法人一美会理事長 竹内孝基

竹内孝基医師(美容外科専門医)

エースクリニック名古屋院の脂肪豊胸のページをご訪問いただき、誠にありがとうございます。

脂肪豊胸は、胸のボリュームが少ない日本人女性に最適な豊胸方法と言えます。バッグ豊胸は大きな異物を体内に挿入する手術のため、術後の強い痛みや感染リスクなども考慮に入れなければなりません。そして、それらを乗り越えたとしても生涯にわたる長期的メンテナンスの必要性や、バッグを触れる問題など、どうしても気になってします大きな問題があります。しかし、脂肪豊胸はご自身の組織を使用するため、上記のような問題を大きく軽減できます。
もちろん、脂肪豊胸も完璧な方法ではありません。特に、注入した脂肪の吸収は主なデメリットとされています。しかし、当院が提供するコンデンスリッチファット豊胸では、余計な成分を事前に徹底的に除去することで、術後のボリューム減少やしこり形成のリスクを低減します。

「もう少し胸が大きければ…」。多くの女性が持つこの願いを、脂肪豊胸、特にコンデンスリッチファット豊胸で叶えることができます。もしご興味がございましたら、当院までお気軽にご相談ください。心よりお待ちしております。

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
(現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院
令和6年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田HEPナビオ院開院

所属学会

日本美容外科学会/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

日本美容外科学会専門医

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医
ボトックスビスタ施注資格/ジュビダームビスタ施注資格

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約