アートメイク除去|名古屋【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

アートメイク除去

アートメイク除去 とは

アートメイク除去のレーザー照射

アートメイク除去とは

アートメイク除去とは、眉毛、アイラインなどに施された永続的または半永続的な化粧(アートメイク)を取り除く施術です。アートメイクは皮膚の表皮~真皮層に色素を注入することで行われますが、時間の経過と共に色の変化やにじみ、位置のずれ、または個人の美的感覚の変化などにより、「取り除きたい」、「元の状態に戻したい」と考える方が増えています。

この施術は、一部の場合に皮膚切除の形式を取ることもありますが、主にレーザー技術が用いられ、特定の波長の光を使用して皮膚に埋め込まれた色素を分解します。レーザーは色素に特化して反応するため、周囲の皮膚への影響を最小限に抑えることができます。しかし、すべてのアートメイクが除去可能なわけではなく、色素の種類や深さにより、除去の難易度や必要なセッション数が異なります。

アートメイク除去のプロセスは、個人の肌の状態やアートメイクの特性に応じて異なるため、施術前のカウンセリングが非常に重要です。当院では、個々の状況に合わせた安全で効果的な除去プランをご提案いたします。また、施術後のアフターケアも重要で、適切なケアによって肌の回復を促し、最適な結果を得ることができます。

気に入っていないアートメイクを除去することは、外見だけでなく自信や生活の質にも大きな影響を与えることがあります。時間が経過したとしても消えないものなので、専門家に相談し、適切な方法での除去をお勧めします。

ピコウェイ

アートメイク除去に使用するレーザー

アートメイクは、一種のタトゥーです。そのため、除去に使用されるレーザーは、タトゥー除去に使用されるものと同じとなります。一般的に、ピコレーザーやナノレーザー(Qスイッチレーザー)が使用されます。
エースクリニック名古屋院では、多彩な色素に対応が可能な3波長搭載のピコレーザー「ピコウェイ」を用いて、アートメイク除去を行っています。

アートメイク除去 が適している方

  • 以前施したアートメイクの形や位置に不満のある方
  • 色の変化にお悩みの方
  • 不自然な仕上がりにお悩みの方
  • 美的感覚の変化によりアートメイクを除去したい方
  • アートメイクが不適切とされる職場に転職される方
  • ご希望のアートメイクの形が、今あるものの上書きでは達成されない方

アートメイク除去の問題点

アイブロウ除去の問題点

(濃くベタっと入っている眉アートメイク)
濃くベタっと入っているものは、完全に消えないことがあります。ただし、そのような場合でも、薄くなることで、お化粧の自由度が増したり、カモフラージュが楽になったりして、十分満足される方が多いです。
(淡い色の眉アートメイク)
淡い色のアートメイクの場合、一旦黒色化することにより、元より濃くなることが多いです。その後、照射を重ねれば徐々に薄くなっていくことが多いですが、しばらくは不快に感じることが多いため、よく考えてから照射を行ってください。
(眉毛への影響)
眉毛にレーザーが照射されると、眉毛が一旦白くなります。また、眉毛が永久脱毛されるリスクがあります。

アイラインの問題点

アイライン

(眼球保護の必要性)
眼球保護のため、眼球を保護する道具(コンタクトシェル)を使用します。
(局所麻酔の必要性)
皮膚が薄く痛みが強いので、注射による局所麻酔を行います。
(デザイン上の問題点)
太く入ってしまったアイラインを細くデザインし直すような照射はできません。
(まつ毛への影響)
まつ毛が永久脱毛されるリスクがあります。
(レーザー照射に伴う一般的なリスク)
アイラインは濃く入っていることがほとんどのため、熱傷やそれに伴う皮膚の引きつれのリスクがあります。

アートメイク除去 の施術の流れ

カウンセリング

除去したいアートメイクがレーザー除去治療の適応かどうかについて、ご希望を踏まえながら、診察・カウンセリングを行います。

芹澤医師カウンセリング

アイシング

痛みを緩和するためにアイシングを行います。アイラインの場合は極細の注射針による局所麻酔を行います。

お冷やし

レーザー照射

医師が除去したいアートメイクにレーザーを照射します。照射直後の一般的な反応により、皮膚表面が白く反応し、少し盛り上がります。周囲はやや赤くなり、むくんだ感じになります。

レーザー照射

軟膏塗布

レーザー照射部位の皮膚に軟膏を塗布します。
数日間同様の処置を患者様自身で行っていただきます。このとき絶対に掻いたりこすったりしないで下さい。

軟膏塗布

アフターケア

レーザー照射部位にはうすいかさぶたのようなものができますが、1週間から10日程で自然にはがれてきますので、絶対に無理に剥がさないでください(かさぶたはできないこともあります)。
治療後日焼けは絶対に避け、露出部位の場合は必ず日焼け止めを使用してください。次回の照射は2ヵ月後以降となります。

レーザー照射後アフターケア

術後経過と日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

ダウンタイムダウンタイム

かさぶたのようなものができますが、1週間~10日程で剥がれます。かさぶたは無理矢理はがさないようにしてください。

シャワー・入浴・サウナシャワー・入浴・サウナ

シャワー・入浴は当日より可能です。
サウナは1週間程控えてください。

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

施術範囲にもよりますが、通常数分。

推奨施術間隔・回数 point.2 | 推奨施術間隔・回数

2ヵ月間隔をあけて、1~数回(色・色素の量・入っている深さにより変わる)が目安です。
色味が濃い場合や淡い色のタトゥーの場合はそれ以上かかることもあります。

痛み point.3 | 痛み

感じ方は人それぞれですが、輪ゴムでバチンとはじかれたような痛みがあります。

注意点 point.4 | 注意点

・1週間程度は、軟膏を塗ってください。
・レーザー照射後の皮膚は乾燥しやすいので、保湿を充分に行ってください。
・肌が露出する部分は、必ず日焼け止めをご使用ください。
・黒以外の複雑な色素が入っていることの多いアートメイクは、レーザー照射により黒色変化することが多いです。その後、レーザー照射を重ねることにより薄くなっていきます。実際問題として、どのような色素が使用されているかを外見からだけで判断することは不可能なため、黒以外の色のアートメイクは一旦濃くなってから徐々に薄くなっていくものとお考えください。この点を過小評価せずに、施術を受けるかどうかの判断を行ってください。

リスク・副作用

熱傷 アートメイク除去に使用するピコ秒レーザーは熱を拡散させにくいレーザーなので、熱傷のリスクは大きくはないですが、ときに水泡形成など反応を起こすことがあります。その場合、後に色素沈着を生じたり、瘢痕(傷跡)を形成することがあります。

色素沈着 レーザーによる刺激で皮膚のメラニン量が増加した状態です。通常は時間とともに軽快していきます。
色素脱失 繰り返しレーザーを照射することにより、本来あるべきはずのメラニンまでも薄くなってしまい照射部位の肌が周囲より白くなってしまう状態です。生じると治すことは難しいと言われています。多数回のレーザー照射になると生じやすくなります。
色素の黒色変化 すでに入っているアートメイクの色素がレーザーに反応して違う色に変化することがあります。白色や肌色に近い色素は黒色化して前より濃く感じることがあります。
アートメイクの残存 最終的にアートメイクが消えずに一部色素が残ってしまうことがあります。色素が非常に深い位置に入っている場合やレーザーに反応しにくい材質の色素の場合などは何度照射しても完全には取れない可能性があります。
毛の脱毛 レーザー照射部位の毛(眉やまつ毛、髪の毛など)が永久に生えなくなることがあります。また、白髪となる可能性があります。

施術を受けられない方

下記のような方は施術を受けられませんのでご注意ください。

  • 妊娠している方・妊娠の可能性がある方
  • ケロイド体質の方
  • 金製剤を内服したことがある方

アートメイク除去 名古屋院の料金表

アートメイク除去

※料金は税込表示です。

眉 アートメイク除去 片眉
通常料金 1回33,000円
眉 アートメイク除去 両眉
通常料金 1回49,500円
アイライン アートメイク除去 上または下まぶた
通常料金 1回49,500円
アイライン アートメイク除去 上下まぶた
通常料金 1回69,300円

監修ドクターメッセージ

医療法人一美会理事長 竹内孝基

竹内孝基医師(美容外科専門医)

アートメイクは、多くの方にとって美しさや便利さをもたらすものですが、時にはその結果にご満足いただけないこともあります。最近非常に多く行われているアートメイクの実情からすると、その数に比例して不満足な結果となってしまった人がいることと推測します。私たちは、アートメイク除去の施術を通じて、そうしたご不安を解消し、皆様の本来の美しさを取り戻すお手伝いをさせていただきます。

アートメイク除去は単なる「消去」のプロセスではありません。それは、皮膚の健康を守りながら、美的バランスを回復し、患者様一人ひとりの個性と自然な美しさを尊重することです。私たちは最新の技術と豊富な経験を駆使し、安全かつ効果的な治療を提供いたします。

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
(現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院
令和6年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田HEPナビオ院開院

所属学会

日本美容外科学会/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

日本美容外科学会専門医

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医
ボトックスビスタ施注資格/ジュビダームビスタ施注資格

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約