二重まぶた部分切開法| 名古屋【エースクリニック】

     

名古屋院
/アネックス院

二重まぶた部分切開法

二重まぶた部分切開法 とは

二重まぶた部分切開法のイメージ

二重まぶた部分切開法とは?

二重全切開法と比較して、切開を部分的に行うことから部分切開法と呼ばれます。エースクリニックでは部分切開法において、通常5mm~1cm程度の皮膚を切開して手術を行います。切開の両端には埋没法を用いて二重を補強します。そのため、二重の強さは埋没法よりも強く、全切開法よりはやや弱いとなります。埋没法で効果が持続しなかった場合や、全切開法に抵抗がある方にお勧めの方法です。

二重まぶた部分切開法 が適している方

  • 二重幅を拡げたい方
  • まぶたの厚ぼったい方
  • 埋没法よりも取れにくい二重手術をお探しの方
  • まぶたの脂肪除去も同時に行いたい方
  • 全切開法よりもダウンタイムの短い施術をお探しの方

二重まぶた部分切開法 の施術の流れ

診察・カウンセリング

経験豊富な医師が患者様の状態を診断し、どのような手術が最適かをプランニングします。併せてリスクの説明などもさせていただきます。

芹澤医師カウンセリング

手続きとご予約

実際にかかる施術費用をご案内致します。当院は極力わかりやすいご料金提示を心がけております。手術をご希望された場合、手術日時を決めてご予約を頂きます。

手術の予約

洗顔

メイクをされている場合は施術前に洗顔をしていただきます。

施術の流れ_洗顔

シミュレーション

施術直前のシミュレーションを行います。ご希望の二重のイメージを担当医師にお伝えください。

二重まぶたのシミュレーション

施術

カウンセリングで決めた施術を行います。

施術にもよりますが、多くの施術が30~1時間程度で終了します。
手術内容により、それよりも長くなる場合もあります。

施術の流れ_眼瞼下垂_眼瞼下垂手術

安静とお冷やし

しばらくお冷やしをして休んでいただきます。

抜糸

抜糸が必要な施術は、7日後に抜糸を行います。

鏡でご確認|施術の流れ

再診

術後の状態を確認、場合によっては処置するために術後再度診察を行います。
術後の過ごし方等ご不明点・ご不安な点はなんでもご相談ください。

診察・カウンセリング

術後経過と日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

腫れ腫れ

大きな腫れは1~2週間で引いていきます。細かなむくみも含め、その後完全に落ち着くには3ヶ月程度かかります。

内出血内出血

通常、2~3週間かけて自然に引いていきます。

洗顔・お化粧洗顔・お化粧

2日後より可能です。

洗顔・お化粧洗顔・お化粧

抜糸の翌日(3日後)より可能です。

傷

通常、1年くらいの経過で目立ちにくくなっていきますが、無傷ではありません。

シャワー・入浴・サウナシャワー・入浴・サウナ

患部を濡らさなければ当日よりシャワー浴は可能です。
腫れを助長しないため、腫れがある程度落ち着いてから入浴してください。

事務仕事であれば、特に制限はありません。

飲酒飲酒

腫れがある程度落ち着いてからにしましょう。

車・自転車の運転車・自転車の運転

大きな腫れが落ち着いてから(おおむね1週間後)になります。それまでは視野が悪い可能性があるため運転しないでください。その他危険な作業への従事も同様となります。

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

40~60分。

麻酔 point.2 | 麻酔

点眼麻酔、局所麻酔。希望により笑気麻酔を併用できます(費用別途)。

施術後の診察 point.3 | 施術後の診察

2日後に抜糸に来ていただきます。

注意点 point.4 | 注意点

まぶたの脂肪除去を同時に行うことが可能です。

メリット point.5 | メリット

全切開法に比べると腫れは少ないです。
二重にする力は埋没法に比べ強いです。

デメリット point.6 | デメリット

時間経過で二重が取れる可能性があります。

リスク・副作用

出血・血腫 出血や血液が溜まった場合は処置を行います。
感染・化膿 感染が疑われる場合は抗生剤の投与を行います。
アレルギー・アナフィラキシー 使用する局所麻酔薬や飲み薬に対するアレルギー反応が起こる可能性があります。
仕上がりの左右差 いくらかの左右差が生じる可能性があります。
傷が気になる 閉瞼時の二重の傷が気になる可能性があります。

二重まぶた部分切開法 のよくある質問

まぶたの脂肪が厚く腫れぼったい方・以前埋没法による二重手術を受けたけれど元に戻った方・傷跡を出来る限り目立たなくしたい方にお勧めです。

切開部分は内部の瘢痕によって癒着していますので、取れるリスクは埋没法に比べて低くなります。取れる確率で言うと、全切開法<部分切開法<<埋没法となります。

点眼麻酔を行なった後、細い注射針による局所麻酔を行ないますのでその際に少しだけちくっとしますが、手術中の痛みの心配はありません。 また、静脈麻酔をしようする事により、痛みを感じることなく眠っている間に手術を終わらせる事ができます。 手術後は処方されたお薬を服用して頂ければ落ち着きます。

全切開の方がよりくっきりとした二重になりやすいですし、より取れにくいです。術後腫れは部分切開の方が少ないです。おおまかな腫れが退くのに、部分切開で1週間、全切開法で2~3週間程度です。

部分切開の場合の腫れは、全切開法よりは少なく埋没法よりは若干多くなります。大まかな腫れが退くまでの日にちは約1週間ですので、全切開法をするには日にちがあまり取れない方に適した方法と言えます。

二重まぶた部分切開法 名古屋院の料金表

二重まぶた部分切開法

※料金は税込表示です。

部分切開法
1回220,000円

監修ドクターメッセージ

医療法人一美会理事長 竹内孝基

竹内孝基医師(美容外科専門医)

経歴

平成9年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
(現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年 大塚美容形成外科勤務
金沢院院長に就任
平成18年 大塚美容形成外科 名古屋院院長に就任
平成22年 医療法人一美会エースクリニック開設
令和3年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田院開院
令和4年 医療法人一美会エースクリニックアネックス院開院
令和6年 医療法人一美会エースクリニック大阪梅田HEPナビオ院開院

所属学会

日本美容外科学会/日本再生医療学会/日本抗加齢医学会/日本レーザー医学会/日本眼形成再建外科学会

資格

日本美容外科学会専門医

ウルセラ認定医/サーマクール認定医/ミラドライ認定医
ボトックスビスタ施注資格/ジュビダームビスタ施注資格

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック名古屋院

アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

CONTACT

カウンセリング予約